赤ニキビの治し方

*

部位別ニキビの治し方-赤ニキビ

毛穴に古い角質や汚れが詰まって白く見える状態が白ニキビ、
古い角質や皮脂汚れが肌表面に露出し
空気に触れて酸化することで黒く見える黒ニキビ、
その黒ニキビの毛穴の中にたまった皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖し、廻りの皮下組織に炎症を起こしてしまったものが赤ニキビです。

赤ニキビの原因は?

アクネ菌が増殖し炎症してしまった毛穴は廻りの皮膚も炎症に巻き込み、赤く膨れた状態で痛みを感じるニキビです。
ここまでニキビが進んでしまうとかなり目立ちますし、きれいに改善できるかどうかとても厄介です。
白ニキビ、せめて黒ニキビの段階でしっかりケアをしておくことが大切なのです。

赤ニキビのケア方法

皮脂分泌が盛んになっている状態で赤ニキビが炎症を起こしてしまうと、皮膚の状態はさらに悪化してしまいます。
対策としてはまず正しいスキンケアを行うこと、また食生活、生活習慣等を見直しニキビに刺激が少ない状態にしていくことが望まれますが、炎症を起こしたニキビ専用のケア商品を利用する、また悪化がひどく赤ニキビが大きく膨らんだ状態になってしまった・・・という場合、皮膚科などの専門医に治療してもらうことも必要です。

メイクなどの汚れをしっかり除去する、ただ刺激を与えるとさらに悪化してしまうので、クレンジングも洗顔料も刺激が少ないタイプが望ましいといえます。
こうした赤ニキビにまで悪化した場合でも利用できるケア商品がありますので、自分の肌に合ったものを選択し、毎日のケアを怠らないようにしましょう。
*

購入するならビーグレン

bglen 炎症がひどい赤ニキビの場合には、皮膚科などでの治療を行う必要もありますが、自宅でのケアもしっかり行う必要があります。
赤ニキビ対策では、ニキビを改善する成分も必要ですが、「お肌を健康に導く」という事も必要となります。
そこで、おススメしたいのがビーグレンの「ニキビケア」です。

科学で実証された浸透テクノロジーを採用しているビーグレンのニキビケアコスメは、有効成分を肌の奥へとしっかり浸透させ、ニキビの原因にアプローチします。
日本製で、肌に優しく作られているので、赤ニキビができてしまう敏感な肌の方でも、安心してお使いいただけます。

ビーグレンは薬学博士が開発を行う「サイエンスコスメブランド」です。
効果の高さからリピーターが続出中で、98.5%のリピート率を誇ります!
大人ニキビの改善に特化しており、ニキビに悩む方には是非利用してほしいケア商品です。
ビーグレンを試すなら1週間トライアルセットがおすすめ!1800円(税抜)で実際のニキビケアセットと同様のコスメが7日分試せます。

 

*

赤ニキビって何ですか?

ニキビは大人になってからできると吹き出物という言い方に変わるという説もありますが、ニキビと吹き出物は年齢で呼び分けているわけではなく、医学的にはどちらも「ざ瘡(ざそう)」と呼ばれています。
さらにニキビには種類があり、毛穴とその周りに炎症が起こるタイプのニキビを「赤ニキビ」と呼んでいます。その炎症がひどくなって毛穴の中に膿を持ってしまったニキビを黄色ニキビと呼んでいます。
必ずではありませんが、年齢によってニキビができる場所には傾向があるとも言われています。
また、赤ニキビは炎症が起こっているため、痛みを伴う事も多い事と、治りにくいという特徴があります。

何が赤ニキビの原因ですか?

ニキビは余分な皮脂や汚れで毛穴が詰まる事で、分泌される皮脂が外にスムーズに排出されなくなる事が原因でできてしまいます。
ニキビは赤ニキビの他に、毛穴の中に皮脂が溜まってしまった白ニキビと、白ニキビが少し進行した状態の黒ニキビがあります。
赤ニキビは毛穴に溜まった皮脂を栄養にして細菌が繁殖し炎症を起こす事が原因で、黒ニキビがさらに悪化したものです。
ニキビの原因はできた場所によっても違いますが、不規則な食生活による胃腸の疲れや栄養バランスの乱れ、睡眠不足、便秘やストレス、乾燥による皮脂の過剰分泌、ホルモンバランスの乱れなど様々です。

なかなか治らない赤ニキビに薬は必要ですか?

ニキビの予防と改善に欠かせない事は、肌を清潔に保つ事と乾燥をふせぐことですが、赤ニキビは炎症を起こしている状態のニキビなので、抗炎症作用のある化粧水などを使うと良いでしょう。
しかし痛みや痒みがひどい場合や長引く場合は炎症を抑えるための薬を塗る必要があります。痛みや痒みを伴っているとついつい触ってしまったり潰す方もいますが、赤ニキビは治ってもシミや跡になって残りやすいため注意が必要です。
清潔を保つ事は大切ですが、ゴシゴシこするような洗顔で肌に負担をかけないようにお手入れしてあげましょう。

薬局で売っている薬や化粧水は効果がありますか?

初期のニキビは洗顔と保湿で対応できる場合もありますが、赤ニキビが悪化してしまった状態の場合はそれだけでは十分ではありません。
薬局や通販でニキビケア用の化粧水などを選ぶ場合は、殺菌効果と肌の新陳代謝を促進させるタイプのものがおすすめです。
薬局でビタミンCの内服をすすめられることもよくありますが、ビタミンCは壊れやすい成分なので、内服するよりも患部に直接塗る方が高い効果が期待できると言われています。化粧水や美容液にビタミンCが配合されているものを選ぶと良いでしょう。
また、薬局で塗り薬を選ぶ場合はイブプロフェンピコノールや副腎皮質ステロイドなどの有効成分配合のものが効果的ですが、肌質やニキビの状態によっては効果が感じられない場合や、肌が荒れてしまう方もいるため、心配な方は皮膚科の医師に薬を処方してもらう事をおすすめします。

赤ニキビのケアは化粧水だけで十分ですか?

ニキビケアの基本は肌を清潔に保つ事と十分な保湿、赤ニキビのように炎症を起こしている状態の時は炎症を抑える必要があります。 ニキビが出来やすい方は皮脂の分泌量が多いため、さっぱりと化粧水だけで十分だと勘違いをしてしまいがちですが、化粧水だけで十分な保湿を保つ事はできません。 乾燥が進むと、肌は乾燥を防ごうと皮脂を過剰に分泌させる働きをします。その結果毛穴が詰まってしまい、ニキビが増えたり、悪化したりする事になります。 ニキビケアは肌に負担をかけない洗顔と、ビタミンC配合の化粧水などで水分を補給した後はクリームなどで保湿を保つ必要があります。 ニキビケア商品にはニキビができにくい処方(コメドジェニック)のものも多くあり、これらは油分が多く含まれていないという特徴があるため、購入時に確認すると良いでしょう。

赤ニキビの跡の治し方を教えて下さい。

赤ニキビは炎症を起こしているため、色素沈着しやすいためシミになりやすく、跡も残りやすいです。残ってしまったニキビ跡は皮膚科で治療する方法もありますが、レーザー治療などは状態によって逆効果の場合もあるため注意が必要です。
インターネット上では写真付きでニキビ跡の治し方や、治るまでの経過を紹介しているページも多くありますが、ニキビの原因や状態は様々であるため、必ずしもその方法が自分にあっているとは限りません。
ただ、共通して言える事はニキビ跡を治すには肌のターンオーバーを正常化させることで、古い細胞が新しい細胞に押しだされ、時間はかかりますが徐々にニキビ跡が目立たなくなります。
肌のターンオーバーは外側からの正しいスキンケアも必要ですが、生活リズムや食生活、ストレスの度合いなども関係するため、規則正しい生活を心がける事も必要です。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング