おしりニキビの治し方

*

部位別ニキビの治し方-おしり

お尻ニキビは顔や背中などとは違い、根本的原因は同じでも悪化しやすい部分です。
またお尻ニキビは色素沈着を起こしやすい場所なので、予防、改善をスピーディに行う必要がある場所、という事もいえます。
女性の水着は年々過激になっていますので、水着になってからお尻ニキビに気が付いた・・・のではファッションを楽しむこともできませんよね。
女性にも男性にも、お尻こそ、気を使ってほしい部分です。

おしりニキビの原因は?

おしり 刺激 もともとの原因は同じです。
過剰な皮脂分泌、その理由はホルモンバランスの乱れ、乾燥などがありますが、お尻ニキビの場合、ニキビができてしまうと皮膚の質を変えるのも早いということに気が付かなくてはなりません。

お尻は柔らかいというイメージがありますよね。でもニキビができたまま放っておくとお尻のニキビの部分だけ皮膚が厚く堅くなっていきます。
お尻は椅子に座っているとき、体重を支えていますから、皮膚が堅くなりやすく、ニキビへの刺激も多くなってしまう場所なんですね。

しかも、顔とは違い洋服によってかなり摩擦されますから、ニキビができると悪化、炎症しやすい、それに痛みを発することも多いんです。
下着をつけてストッキングをはき、パンツをはき・・・と何枚も密着したものをつける場所でもあるため、ムレやすく、湿気が好きなアクネ菌の温床となりやすい場所なのです。

おしりニキビのケア方法

自分では気が付いていませんが、お尻ニキビがあるという方、結構多いんです。
お尻とモモの境目、下着のライン、椅子に密着する部分・・・お尻ニキビができやすい場所はたくさんあります。
こうして日々、たくさんのダメージを受けているお尻ですから、ニキビができないように、またできたら即改善できるように、ニキビケアを行うことが必要です。

顔のニキビケア商品や背中ニキビケア商品があるのと同じように、お尻専用のニキビケア商品があります。
こうした商品を利用して、悪化する前にしっかりお尻ニキビをケアしておきましょう。
*

購入するならピーチローズ

ピーチローズ お尻ニキビは治りにくく悪化しやすい。
確かに常に下着に摩擦されている部分ですし、体のほかの部分よりもずっと酷使されていると思います。
椅子に座ればお尻がずっと体重を支えているわけですから。
お尻ニキビはホルモンバランスの乱れ、乾燥などからできるのですが、悪化するのは、お尻特有の理由です。

ムレ、下着の摩擦、ゴムの部分の刺激、それに座りっぱなしなどの過酷な状況。
シミになりやすく、ニキビの跡が色素沈着を起こしやすいので、しっかり改善すること、そして繰り返さないようにすることが必須なんです。
でも場所が場所、湿気が多く摩擦も多く刺激が多い場所ですからお尻ニキビは繰り返しやすいですよね。

ピーチローズ 成分 そこでご紹介したいのがピーチローズというお尻専用のニキビケア商品です。
繰り返すお尻ニキビは、毛穴に皮脂がつまり、角質が厚くなり、湿気が多い環境で新陳代謝も低下し肌のターンオーバーが乱れてしまうことが原因です。また悪化させる要因となっています。

まず保湿しお尻の肌が健康的な状態になることが第一。
黒ずみや色素沈着などのニキビ跡を残さないためにも、ターンオーバーを正常化させる保湿がお尻ニキビの大きな鍵になるんです。
ピーチローズはお尻のために作られたケア商品。
お尻のニキビ、シミ、色素沈着、黒ずみを解消するために超低分子・ナノ化ヒアルロン酸、高分子ヒアルロン酸を配合。
肌表面と肌の内側からアプローチするため、時短で浸透するという特徴があります。

つまりダブル保湿というわけですね。
このほか、低分子プラセンタも超低分子コラーゲンも配合されています。
ピーチローズを利用するとお尻の皮膚が柔らかくなっていくのが実感できます。
柔らかくなったお尻の肌に美肌成分がすーっと浸透し、健康的なお肌になっていくのです。
お尻のニキビの改善、予防、ニキビ跡に悩む方はぜひ、ピーチローズをご利用されてみては?

   

*

お尻ニキビができる原因

あなたのおしり環境はどうですか?
お尻は見せて歩く部分ではありませんがあなたが思っているよりもダメージを受けていて、ハリとツヤが不足する部分です。
お尻は下着や衣類の摩擦、座る事による圧迫や汗の蒸れ、また加齢による筋肉の衰えなどが原因のラインの崩れなどダメージが多い場所です。そのためブツブツやニキビ、黒ずみやシミ、ニキビ跡ができやすい場所です。
また座った時にかかる圧迫による血行不良が肌の新陳代謝を低下させ、乾燥した古い角質が肌の表面に残ってしまう角質肥厚が起こりやすい場所です。
これらのお尻環境がニキビの最大の原因である毛穴の詰まりとなり、お尻ニキビにつながってしまいます。お尻は見えない部分ですが、清潔に保ち正しいケアをしてあげなければなりません。

お尻ニキビができにくくなる対策は何ですか

お尻にできたニキビに限らず、ニキビのケアで共通する事は清潔にする事です。お尻は空気に触れる機会が少ない場所なので、蒸れやすいため肌が敏感な方などは、汗の蒸れが原因でお尻ニキビができてしまいます。
特に長時間座る事が多い方は座る椅子や座布団の種類を定期的に変え、常に同じ場所を圧迫しないように工夫する事も必要です。
出来るなら、汗をかいた時はこまめに拭いたり、下着を交換するなどもお尻ニキビの予防と改善につながります。
また体を洗った時のすすぎ残しなどもお尻ニキビの原因となってしまうため、すすぎ残しなどを気をつけてあげる事もお尻ニキビができにくくなるでしょう。綺麗に洗った後はお尻も保湿をしてあげることも必要です。

お尻のケアにスキンケア商品やニキビケア商品は必要ですか?

お尻はあなたが思っている以上に乾燥している場所です。乾燥の原因は圧迫や摩擦により新陳代謝が衰えてしまう事と、厚くかたい角質が肌への水分補給を邪魔をしてしまうのでさらに乾燥が進んでしまいます。
乾燥を防ぐために、入浴後にボディクリームを塗っているという方もいるかもしれませんが、お尻は身体の中でも角質層が分厚い部分なので十分にケアがされていない状態になっている可能性があります。
お尻のケアは、顔に使用しているスキンケア商品やニキビケア商品ではなく、お尻専用のケアがおすすめです。
マッサージジェルとしても使えるお尻用の美容液ジェルのピーチローズなどの、お尻のトータルケア商品でのお手入れもおすすめです。

お尻ニキビの改善に効果的な方法とは?

お尻を清潔に保ち、乾燥をふせぐという外側からのケアも大切ですが、お尻にできるニキビも顔のニキビと同様に、不規則な生活やバランスの悪い食生活などにより、ホルモンのバランスが崩れてしまう事も原因となります。
ホルモンバランスは日常生活の中でのストレスなども原因となるため、あまりストレスを溜め過ぎないように心がけましょう。
女性は特に月経前には、黄体ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌が起こりやすいため、ニキビが出来やすくなります。
お尻ニキビの改善に最も効果的な方法は、シンプルに規則正しい生活なのかもしれません。

下着の選び方はニキビと関係がありますか

下着はお気に入りのデザインや綺麗なデザインのもので選ぶという方も多いでしょうが、まずは正しいサイズで着用する事が第一条件です。
締め付けがきつすぎたりすると、お尻の血行を悪くするため、新陳代謝の低下につながります。新陳代謝の低下は毛穴に汚れがたまりやすくなり、お尻ニキビの原因になってしまいます。
下着はなるべく天然素材のやわらかくて、通気性の良いものを選びましょう。また、デザインによっては肌との摩擦が大きく、すでにニキビができている場合はニキビを刺激してしまい悪化の原因となる場合もあります。

皮膚科での治療は必要ですか?

お尻にできたできもの全てがお尻ニキビであるとは限りません。細菌感染を起こすと患部が腫れ、痛みを伴う事があるアテローマの可能性もあります。アテローマとは良性腫瘍の一種で、放っておいても問題はないと言われていますが、症状によっては膿をもってしまう場合もあります。そのような場合は医師に診てもらう必要があります。
また、ニキビの症状が日々悪化していたり、長く改善されない場合も医師に相談する事をおすすめします。症状によっては抗生剤や軟膏の処方が受けられるので、医師の指示に従って長引かないようにしましょう。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング