ニキビ跡対策スクール

現役皮膚科医が教える自宅でニキビ跡を消す方法

ニキビが出来たら絶対にしてはいけない2つのこと

   

ニキビ 肌荒れ
ニキビが出来たら絶対にしてはいけないのは「潰す」という事です。
これはニキビに悩むみなさんなら注意している事だと思います。
ニキビを潰すと早く治るどころか、跡になってしまい、ニキビよりもひどい状態になってしまいます。

ニキビ跡は頑固で、治すには長い期間が必要です。
また、クレーター等の状態になると、自力では治すことが困難になってしまうので、十分に注意しましょう。

それに加えてニキビを「触る」という事も良くありません。
しかし、潰す事は意図的に避けれても、無意識に行ってしまうのがこの「触る」という行為です。

触れる事でニキビそのものに刺激を与えてしまうだけでなく、
手についた雑菌がニキビについてしまい、治りを遅くしたり、さらに悪化させてしまう原因となります。

ニキビが出来てしまった場合には、触れずにそっとしておくことが大切です。

しかし、ニキビが出来ると気になってしょうがない!
痛いとわかっていても触って確かめたりしてしまう気持ちもよくわかります。
また、触ってはダメだとわかっているのに、無意識のうちに触れてしまう場合もあります。

ニキビになるべく触れないようにする為に次の点に注意しましょう。

・鏡を見ない
・何も考えない時間を作らない

ニキビが出来た場合には、常に何かする事を作って、ニキビについて考える暇を自分に与えないようにすることです。
この様にニキビが出来ている事を忘れてしまえば、触れてしまうリスクも抑えられ、ニキビの悪化も防ぐことができます。

ニキビが出来てしまったら「刺激を与えない」ように注意して生活する事が大切です。
同時にケア化粧品などで正しくニキビをケアしましょう。

 - スキンケア , , , ,

  関連記事

ニキビを治すために知っておきたいニキビの原因になる生活習慣

大人ニキビは生活環境に大きく関係し、不摂生な生活をすると現れる事があります。 ニ …

古いコスメはニキビを招く!使っている化粧品の寿命はいつ?

今使っている化粧品、いつ買って、いつ開封したものか覚えていますか? 化粧品には、 …

そのニキビ、カラダからの危険信号かも!ニキビの場所からわかる内蔵の不調

20歳を過ぎてからできる「大人ニキビ」は、「できもの」「吹き出物」とも言われ、1 …

食事だけじゃない!飲み物でもできるニキビ対策

ニキビ対策として、食生活の改善は大きなポイントです。 カラダを作る食事はニキビに …