20代のニキビ対策

*

20代ニキビの原因とスキンケア!おすすめの化粧水・洗顔・化粧品ランキング!

「20代になってからニキビが治りづらくなった」
「洗顔をしっかり行っているのにニキビを繰り返す」
「病院に行かずにニキビを治したい」

といったお悩みをお持ちではありませんか?

20代になってからできる大人ニキビは、
今のスキンケアの方法を変えることで自力で治せます。

様々な「大人ニキビ」専用の化粧品が発売されていることからもわかるように、
20代からのニキビには、10代の「思春期ニキビ」とは違ったスキンケアが必要なのです。

このページでは、大人ニキビの原因と正しい対処法について解説しています。

大人ニキビを改善し、ニキビに悩まない生活を送るために、この記事がお役に立てば幸いです。


思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

20代 ニキビ

ニキビは大きく「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」に分けることができます。

思春期ニキビと大人ニキビの違いは以下の通りです。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビ 大人ニキビ
年齢 10代 20代~40代
ニキビができる部位 顔全体 顎・頬・首筋
ニキビができる原因 皮脂の過剰分泌 皮脂の過剰分泌
皮脂が過剰分泌する原因 成長ホルモンの分泌 肌の乾燥

ニキビができる原因はどちらも皮脂の過剰分泌ですが、皮脂が過剰に分泌する原因が大きく異なります。

そのため、思春期ニキビを治せた方法が大人ニキビにも効果があるとは限らないのです。


大人ニキビへの思春期ニキビケアはニキビの悪化を招く!

そもそも、思春期ニキビができている肌と大人ニキビができている肌は、根本が違います。

思春期ニキビができる10代の肌は、ターンオーバーが整っており、化粧品の成分が浸透しやすい柔軟な状態にあります。

しかし、20代のニキビが繰り返しできる肌は、ターンオーバーが乱れ、古い角質によって覆われているため、成分が浸透しづらいのです。

そのため、思春期の肌向けに作られている化粧品では、20代のニキビ肌に浸透することが難しく、大人ニキビに効果を発揮できません。

また、思春期ニキビ用の洗顔は、過剰な皮脂を取ることをポイントにしているので、大人の肌には刺激が強すぎます。

以上のことから、思春期ニキビ用の化粧品では、大人ニキビが改善しないどころか、悪化してしまう恐れがあるのです。


大人ニキビは自宅ケアで治る!原因と治し方

20代 ニキビ

大人ニキビは、正しいケア方法を行えば自宅でも治すことができます。
大人ニキビができる原因をしっかり理解して、正しい自宅ケアでキレイな肌を手に入れましょう。


大人ニキビの原因は「肌の乾燥」

上での説明の通り、思春期ニキビと大人ニキビができる原因は、どちらも皮脂が過剰に分泌されることです。

思春期に皮脂が過剰分泌してしまう原因は「成長ホルモン」ですが、思春期を過ぎた大人の肌にも、皮脂が過剰に分泌してしまう条件があるんです。

それは”肌の乾燥”です。

「えっ?でも肌が乾燥している=水分や油分が少ないということなのに、皮脂の過剰分泌が原因ってどういうことなの?」

と思う方もいると思います。
たしかに、乾燥している肌は皮脂がほとんどない状態です。

しかし皮脂とはそもそも、肌にハリを与えたり肌の新陳代謝をあげる潤滑油となる役割があるため、肌にとっては必要不可欠な存在です。

その必要不可欠な皮脂が、肌に足りていないと体が判断するとどうなるでしょう?

ここまで読んでいただいた方ならもうおわかりだと思います。
そうです、足りない分を補おうとして皮脂を大量に分泌し始めるんです。

ここからは思春期ニキビと同じで、皮脂が過剰に分泌されることで肌環境が悪くなり、ニキビができてしまうというわけです。

つまり肌が乾燥している状態は、皮脂の過剰分泌を招いてしまうため、決して良い状態とは言えません。

ここで忘れないでほしいのは、皮脂の”過剰分泌”が原因なのであって、皮脂そのものが悪いわけではないということです。

「皮脂が悪いのではなく皮脂の過剰分泌が問題だ!」

このことさえ覚えていればあとは簡単です。
皮脂の過剰分泌を招く肌の乾燥を防ぐために、”保湿”をすればいいのです。


スキンケアで大人ニキビを治す!ポイントは「保湿」

20代 ニキビ

10代の頃は、成長ホルモンによる皮脂の分泌量の増加や、肌本来の機能によって水分(油分)が保たれるため、肌が乾燥することはありません。

しかし、大人になるにつれ成長ホルモンの分泌は減少し、20代前半をピークに肌の機能は衰えていきます。

つまり、大人になっても10代の頃と同じことをしているだけでは、必ず肌が乾燥してしまうのです。

そのため、外から水分を与えて留まらせる「保湿」をすることが重要です。

もちろん水で洗顔することでも肌に水分を与えることはできますが、水だけでは水分を留まらせる”保湿”をするのは難しく、肌に水分をキープするためには何度も洗顔をしなければなりません。

しかし一日に何度も洗顔をすると、時に必要な皮脂も洗い流してしまうことになり、かえって肌が乾燥してしまうことになるためおすすめはできません。

水の代わりに保湿成分が含まれている化粧品を使うと、洗顔回数を最小限に抑えられ、必要な皮脂を残しながらより効果的な保湿ができるため、早く確実にニキビを治したいなら化粧品を使うことをおすすめします。


大人ニキビケア用化粧品の選び方

大人ニキビを治すための化粧品を選ぶ時は、以下の3つの点が重要です。


保湿・浸透力

これまでの説明の通り、大人ニキビの最大の敵は「肌の乾燥」です。
肌の乾燥を防ぐために、保湿成分が含まれているものを選びましょう。

また、保湿成分は肌の奥まで浸透させるとより効果を発揮します。
そのため、商品のパッケージに保湿成分を浸透させるための技術や方法が書かれているものを選ぶとよいでしょう。

保湿成分

ヒアルロン酸 1gで6000mlの水分を保湿できるといわれています。
細胞内の水分を保つ役割があります。
セラミド 肌の潤いを保ちながら外部の刺激から肌を守ります。
細胞と細胞の間にある脂質を潤す役割があります。

抗炎症作用

肌環境を改善するのと同時に、すでにできてしまった大人ニキビの対処もする必要があります。
ニキビを小さくして目立たなくするためにも、炎症の悪化を抑える抗炎症作用がある成分が含まれているものを選びましょう。

なお、抗炎症作用ではなく殺菌作用がある成分は、肌への刺激が強いものが多いため、あまりおすすめできません。

抗炎症作用がある成分

ビタミンC 活性酸素による炎症を抑える作用があります。
美白効果やアンチエイジング効果もあるため、スキンケアに有効な成分として代表的な成分です。
グリチルリチン酸2K 古くから抗炎症剤として漢方でも使われている甘草の根に含まれる成分です。
抗アレルギー作用もあるため、アレルギーを持っている方でも安心です。

低刺激

大人ニキビができる肌は敏感になっているため、刺激が強い成分が含まれるものを選ぶとかえって肌環境が悪化してしまいます。

基本的に、ニキビケア用化粧品は敏感肌でも使えるように低刺激の成分のみを使用したものになっています。

しかし、肌環境を考えずに刺激が強い成分でニキビを無理やり消す商品もあるため、低刺激のものを選びながら、必ず刺激が強い成分が含まれているものは避けるようにしてください。

以下の表は避けるべき成分なので、これらの成分が含まれていないものを選びましょう。

刺激が強い成分

パラペン 化粧品を腐らず長持ちさせる防腐効果があります。
特にパラベンは刺激が強く、アレルギーが出る場合があるため避けましょう。
石油系合成界面活性剤 強力な洗浄効果や油分と水分の分離を防ぐ効果があります。
例外はありますが「スルホン酸〇〇」や「〇〇硫酸」といった成分に当てはまることが多いため要注意です。

まとめると、

  • 保湿成分が含まれていて浸透力がある化粧品
  • 刺激が強い成分が含まれておらず低刺激の化粧品
  • ニキビの炎症を抑える成分が含まれている化粧品

となります。
この3つのポイントをチェックして化粧品を選ぶようにしましょう。


大人ニキビケアにおすすめの化粧品

化粧品を選ぶ時のポイントを紹介しましたが、化粧品の効果には個人差があるため、肌の相性によっては効果が出にくい場合があります。

そのため、この化粧品は本当に自分の肌に合っているのか徹底的に商品を比較して、選ぶ時のポイントを抑えた化粧品を使っていただきたいです。

でも、社会人になってからなかなか時間が取れないという方も多いはずです。

そこで今回は、効果を実感している方が多数いて人気のある化粧品の中から、さらに”手軽に試すことができる化粧品”を厳選してご紹介します。

どの化粧品も実績があり安心して使えるので、ぜひあなたに合ったお気に入りの化粧品を見つけてくださいね。


1. ビーグレン ニキビケア

20代 ニキビ

ビーグレンの独自技術「QuSome(キューソーム)」で、有効成分を肌の奥にまで浸透させることができます。

ニキビに特化した7日間のトライアルセットがあり、365日という長期間の返金保証があるため、自分の肌に合うか不安な方でも手軽に始められます。

ビーグレンニキビケアトライアルセット(7日分)

セット内容 用途 内容量 価格
クレイウォッシュ 洗顔料 15g 1,944円
クレイローション 化粧水 20g
Cセラム 美容液 5ml
QuSomeモイスチャーゲルクリーム クリーム 7g

※価格は税込表示です。

 

2. NOV

20代 ニキビ

NOV ACアクティブシリーズは、臨床皮膚医学に基づいて研究されたスキンケア用品です。

ニキビの原因になりにくい原料を使用しており、それを証明する「ノンコメドジェニックテスト」を実施ているため、特に敏感肌だと感じる方におすすめです。

7日間のお試しセットがあり、今ならフェイスローション(モイストタイプ)、ハンドタオル、大人ニキビ肌ガイドブックが付いてくるのでお得になっています。

NOVトライアルセット(7日分)

セット内容 用途 内容量 価格
クレンジングリキッド メイク落とし 20ml 1,620円
ウォッシングフォーム 洗顔料 15g
フェイスローション
(ノーマルタイプ)
化粧水 2ml×2包=4ml
フェイスローション
(モイストタイプ)
化粧水 20ml
モイスチュアミルク 乳液 6ml

※価格は税込表示です。

 

3. ルナメアAC

20代 ニキビ

「毛穴を活かすニキビケア」というコンセプトで作られたのがルナメアACです。

毛穴のつまりを優しく除去し、富士フイルムのナノ化技術により作られたニキビ有効成分とうるおい成分を、ニキビの原因に直接届けて集中ケアをします。

価格が安いため、金銭面で手軽に試すことができるのが特徴です。

ルナメアAC1週間お手入れセット(7日分)

セット内容 用途 内容量 価格
クレンジングオイル メイク落とし 3ml×7包=21ml 1,080円
ファイバーフォーム 洗顔料 15g
スキンコンディショナー
(ノーマルタイプ)
化粧水 30ml
スキンコンディショナー
(しっとりタイプ)
化粧水 3ml×2包=6ml
ジェルクリーム クリーム 12g

※価格は税込表示です。

 

ビーグレンがおすすめな理由

20代 ニキビ

ビーグレンは、ニキビケアに特化した「ニキビケアプログラム」というトライアルセットがあり、7日間じっくり効果を試すことができます。

トライアルセットに入っている以下の4つの商品で、大人ニキビのないキレイな肌へと導きます。

ビーグレン「ニキビケアプログラム」

商品名 用途 特徴
クレイウォッシュ 洗顔料 超微粒子(ナノサイズ)の天然クレイ「モンモリロナイト」を配合しています。
毛穴の奥まで入り込み、汚れや古い角質を吸着して、毛穴の外に排出するので、敏感な肌にもやさしくニキビ洗顔には効果的です。
クレイローション 化粧水 敏感になっているニキビ肌への刺激を最低限に抑え、うるおいを与えながら肌環境を整えます。
天然クレイのうるおいヴェールをつくる作用によって、外的刺激から肌を守り、ニキビの原因となる乾燥や毛穴の詰まりを防ぎます。
Cセラム 美容液 即効性を発揮するピュアビタミンCを高濃度(7.5%)で配合しています。
ビタミンCには皮脂バランスをサポートする作用があり、肌トラブルにアプロ―チする効果はもちろん、優れた肌荒れ防止効果を発揮します。
QuSomeモイスチャーゲルクリーム クリーム 独自の浸透テクノロジーQuSomeによって、安定的に肌のすみずみまで浸透し、しっかりと保湿をしてバリア機能をサポートします。
角質がうるおっていると、肌トラブルの原因のひとつである角質肥大を防ぐことにもなります。

チェック1:保湿成分が含まれていて浸透力がある化粧品

超微小のカプセルで成分を包み込むビーグレンの独自技術である「QuSome(キューソーム)」によって、これらの商品に含まれてる保湿成分や、その他の有効成分を肌の奥にまで浸透させることができます。


チェック2:刺激が強い成分が含まれておらず低刺激の化粧品

クレイローション(化粧水)には、低刺激の天然クレイが含まれています。
その天然クレイが肌の表面に「うるおいヴェール」をつくり、外の刺激から肌を守りながら潤いをキープするため、大人ニキビの原因となる肌の乾燥を防ぐことができます。


チェック3:ニキビの炎症を抑える成分が含まれている化粧品

Cセラム(美容液)には、高濃度のビタミンCが含まれているため、すでにできてしまった大人ニキビの炎症を抑えながら、肌環境を整えることができます。


以上より、大人ニキビ用化粧品を選ぶ時のポイント3つが満たされているので、大人ニキビで悩んでいる方は、まずはビーグレンを試してみることをおすすめします。

また、ビーグレンには365日の返金保証があり、これだけの長期間の返金保証は他の化粧品では見たことがありません。

これは商品に自信があるからこそできるサービスで、より多くの方にビーグレンの化粧品を手軽に試してほしいという強いこだわりを感じます。


20代の肌に合わせたスキンケアでニキビを繰り返さない!

20代 ニキビ

ここまで、20代になってからできる大人ニキビについてご紹介させていただきました。

20代になってからできる大人ニキビは、誰もが経験をしたことがある思春期ニキビとはニキビができる原因が全く違うため、同じ方法でケアをしても治りません。

そのため、大人ニキビができる原因を知り、大人ニキビに合った正しいスキンケアが必要です。

大人ニキビは、保湿をしっかりすることで原因となる肌の乾燥を防ぎ、肌環境をよくすることで必ず治すことができます。

自分に合った最適の化粧品を使い、毎日正しいスキンケアを続けることで、思春期の頃よりもキレイでハリある肌を手に入れましょう。

この記事を読んで、大人ニキビの悩みを解決された方が1人でも多くなることを願っています。
どうか諦めずに試してみてください。

ビーグレンの公式サイトはこちら



20代ニキビ対策におすすめ化粧品ランキングはこちら

20代ニキビの原因はお肌の老化のせい?

10代の頃はニキビが出来てもすぐに治ったのに、20代に入ってから治りが悪くなった
この様なことはありませんか?
20代からできる「大人にきび」と10代の頃にできる「思春期にきび」では何が違うのでしょうか?
ニキビの根本的な原因は年代・性別に関係なく同じで、ホルモンバランスの乱れや生活習慣などによりお肌の機能が悪化することです。
しかし、1つだけ大きな違いがあります...それは「ニキビが出来る人のお肌の状態」です。

20代ニキビケアのポイントは「毛穴詰まり」を改善すること!

10代、20代や男女にかかわらず、ニキビの主な原因は「皮脂の毛穴づまり」です。
ではなぜ毛穴が詰まってしまうのでしょうか?
それは、古い角質が肌に残ることで毛穴を塞いでしまい、皮脂が肌の外に出る為の出口が無くなってしまうからです。
お肌が正常な状態であれば、28日周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が形成されます。これがお肌のターンオーバーです。
しかし、年齢と共にお肌が衰えると、ターンオーバーの周期が遅れてしまい、古くなった角質がお肌に残ってしまうのです。
その為、20代のにきびケアではこのターンオーバーを促す事が大きな鍵となります。

20代ニキビの正しいケア方法:ターンオーバーを促すには?

ターンオーバーを促す為に必要なのは「生活習慣の改善」です。
偏食だったり、暴飲暴食等、食生活に気を付けること。具体的には、美肌に含まれるビタミンの多い食べ物を食べるようにしましょう。
また、睡眠も重要で、お肌のゴールデンタイムと言われる10時~14時にはなるべく寝る様にするのがおすすめです。
それに加えてターンオーバー正常化に効くスキンケア化粧品でお肌の働きを助けてあげると、直接的なお肌への効果が期待できます。

20代ニキビに悩む人のスキンケア

ターンオーバーを促すスキンケアに重要なのは、角質を除去し、水分をお肌に浸透させることです。
古い角質を取り除くには、ピーリング洗顔が効果的です。しかし、通常の洗顔と比べ肌への刺激が強い為負担がかかりますし、やり過ぎると逆効果になってしまう恐れがあります。
ピーリングを行う際は専門家(皮膚科医等)のアドバイスの基行うことをオススメします。
洗顔はお手軽にできる分、洗顔料の使い方や方法を間違えるとニキビの悪化につながります。

20代男性のニキビケアについて

ニキビは女性だけの問題ではありません。にきびの原因となる皮脂は男性ホルモンと関係が深い為、むしろ男性の方が気を遣うべき問題なのです!
昔からニキビに悩まされ続けているという方は、生活習慣の改善だけでなく、スキンケアにも挑戦してみましょう。
特に男性がやりがちな失敗として多いのが「ゴシゴシ洗顔」。
そして、洗顔後のケアを行っていないことが多い為、肌が乾燥して顔の脂が多くなってしまいまうという悪循環に陥りがちです。
男性でもお肌ひとつで印象が全然違います!優しい洗顔とスキンケアを心がけて、ニキビの無い肌を目指しましょう。

ニキビに悪影響!間違ったケア方法とは?

「ニキビの原因は皮脂詰まり」ですが、単純に皮脂をすべて取ればいいという訳ではありません。
簡単なのは洗顔での角質除去ですが、ニキビを気にする人がやりがちな失敗が「ゴシゴシ洗顔」「1日に何度も顔を洗う」ということです。
ゴシゴシ洗顔は、皮脂を取り除くだけでなく、肌に負担がかかり、バリア機能が低下します。これによりニキビの悪化を招く場合があります。
また、何度も洗顔する事で、肌に必要な皮脂まで無くなってしまい、水分を肌に保つことが出来なくなる為、乾燥の原因となってしまいます。
お肌が乾燥すると、水分を補うために皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴詰まりが起こる為、間違った洗顔はニキビの悪循環となってしまいます。

20代ニキビに悩んでいるならケア用品選びは慎重に!

お肌の状態はひとりひとり違う為、化粧品選びには十分注意しましょう。
化粧品選びを間違うと、お肌に合わなかったり、ニキビ等の症状に逆効果を与えてしまう可能性があります。
また、お肌に合わない、刺激が強すぎる、と言った問題にも陥りがちです。
自分の肌についてしっかり理解し、肌に合った化粧品を利用する事で効果を期待できるという事を忘れないでください。

にきび用の薬って本当に効くの?

にきび用の薬には、薬局で売っているもの、皮膚科で処方してもらうものなど様々な種類があります。
薬にはニキビ治療に効果がある成分が配合されており、使うと使わないでは治りの早さ等も変わってきます。
ただ、ニキビ薬はにきびを治す事を目的としているので、その後のニキビ予防には不十分です。 今あるにきびには薬を使って治療し、一緒にニキビケア化粧品でスキンケアをすることで、ニキビを治しながらニキビを繰り返さない肌作りをするというケア方法もおすすめ!
どちらか一つでは無く両方をうまく使うと、効果のあるニキビケアを行うことができるでしょう。

20代ニキビを治すために化粧水が重要!

ニキビケアでは基礎化粧品選びも重要です。特に気を付けたいのが化粧水。
にきび対策では、ターンオーバーを促す効果がある化粧水を使うことをおすすめします。
そういった化粧水は、通常の化粧水より浸透力が強く、角質層の奥まで浸透する力があるので、古い角質で覆われたお肌でもしっかり保湿することが可能です。
さらに、表面の古い角質に水分を与える事で、柔らかくハリのある肌に整えることができます。
ターンオーバーを正常に戻すことは、ニキビ予防やニキビ跡にも効果が期待できます。

効果のあるニキビケアには、自分のにきびの状態やお肌に合った化粧品を選ぶ事が大切です。
これをきっかけに日頃のスキンケアを見直して、自分の肌に合ったケア方法を探してみましょう。

20代の大人ニキビ!10代とどう違うの?原因は何??

20代からでき始める大人ニキビは、10代にできるニキビとは原因が異なります。
10代にできる思春期ニキビは、ホルモンバランスの変化によることが多いですが、20代のニキビは、肌の乾燥が原因になっていることがほとんどです。
肌が乾燥すると、自分自身を守ろうとして皮脂が過剰に分泌され、ターンオーバーもうまく行われなくなるため、ニキビができやすく、治りにくい状態になってしまいます。
そのため、オイリー肌の方も実は乾燥が元となって皮脂が分泌されている可能性があり、保湿をきちんとすると改善される可能性があります。
また、思春期の時は、ニキビができなかったのに20代になって急にニキビが増えたという方は、乾燥が原因となっている可能性が高いと言えます。 乾燥以外の原因としては、ストレスや睡眠不足から、男性ホルモンが優位になること、生理前の女性ホルモンの乱れなどが考えられます。

ニキビと吹き出物の違いって何??

ニキビ 20代

ニキビのことを「吹き出物」と呼ぶ場合もあり、言葉の使われ方に明確な区別はありません。
ただし、10代でできるものをニキビ、20代以降にできるものを吹き出物と呼び、使い分けるケースもあるようです。


20代のニキビ肌に効く基礎化粧品!選び方やおすすめ成分は?洗顔料・石鹸・化粧水・クレンジング・乳液の選び方は?

20代でニキビにお悩みの方は、まず基礎化粧品を見直してみることをおすすめします。
ここでは、基礎化粧品の選び方についてアイテム別にご紹介します。

洗顔料・石鹸

洗顔料や洗顔石鹸には、皮脂をしっかり落とすタイプとマイルドな洗浄力のものがあります。
皮脂をしっかり落とすタイプのものは、思春期ニキビに適しているもので、大人ニキビにお悩みの方にはおすすめできません。
洗浄力が高すぎない弱酸性で、セラミドなどの保湿成分も配合されたものを選ぶといいでしょう。

化粧水・美容液

20代のニキビに効果的な成分としては、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸が挙げられます。
ビタミンC誘導体には、乾燥によって過剰に分泌された皮脂を抑える作用があり、ニキビの予防に効果を発揮します。
また、美白効果もあるためニキビ跡の改善も期待することができます。
グリチルリチン酸は、お肌の炎症を抑える働きを持ち、今あるニキビを早く治してくれます。
化粧水を選ぶときは、これらの成分が配合されているかチェックをしてみましょう。
また、ニキビができにくい成分でできていることを示す「ノンコメドジェニック」の製品かどうかを確かめて購入することも大切。
表記を確認し、安心して使えるものを選びましょう。

乳液

20代前半であれば、あまり機能性の高い乳液を使うと肌にもともと備わっている機能が低下してしまう恐れもあるため、シンプルな成分で作られたものを選ぶようにしましょう。
また、乳液には15~20%ほど油分が含まれていますが、油分は控えめのものを選ぶといいでしょう。

クレンジング

クレンジングには、様々なタイプがありますが、ニキビ肌の方におすすめしたいのは、ジェルタイプのクレンジングです。
オイルタイプには、ほとんどの場合界面活性剤が含まれており、刺激が強いためおすすめできません。
乳液タイプは、肌に優しい反面、汚れが落ちにくく、洗い残しをしてしまったり、ごしごしこすってしまったりする原因となります。
ジェルタイプは、肌への刺激が少なく、適度な洗浄力もあるため、ニキビ肌の方には適していると言えます。


20代ニキビにおすすめのアイテムBest3!大人ニキビに効く化粧水・洗顔料はコレ!

ニキビ 20代


1位:どろあわわ

どろあわわは、大人ニキビに悩む方におすすめの洗顔石けんです。
どろあわわには、マリンシルト・ペンナイトという2種類の泥が超微粒のミクロ粒子として配合されており、大人ニキビの原因となる古い角質や毛穴汚れをしっかり除去します。また、ペンナイトは吸着成分なので、汚れを吸着することにより、肌に優しく汚れを取ることが可能です。
どろあわわは泡立ちが良く、濃密な泡により泡洗顔を行うことで肌の摩擦を減らし、肌への負担を最小限に抑えることができます。ニキビができやすい敏感な肌を洗う際に、特に重要なポイントですね!
どろあわわを買うなら、送料無料で初回限定割引や特典など、お得なサービスが付いてくる公式サイからの購入がおすすめです!
どろあわわについてはこちらのページでも詳しく解説しています。

 

2位:ビーグレン「ニキビケア」

これまで色々試したものの、効果がなかったとお悩みの方におすすめしたいのが、ビーグレンのニキビケアセットです。
ビーグレンは、独自のテクノロジーで、肌の奥の奥まで有効成分を浸透させてくれ、ニキビを根本から改善してくれます。
中でも高濃度のビタミンCが配合されている美容液「Cセラム」は口コミでも評価が高く、人気があります。
ニキビケア専用のコスメセットなので、ニキビに悩む方の悩みを解消する事を目的に作られています。

 

3位:ルナメア


ルナメアは、20代のニキビ肌の方に最も支持されている人気アイテム。
グリチルレチン酸配合で、今あるニキビの炎症の悪化を抑え、早く治してくれます。
また、最新のナノテクノロジーが採用され、保湿力・浸透力も◎。
ノンコメドジェニックテスト済なので、敏感肌でニキビを繰り返してしまう方も安心して使うことができます。
ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類があり、自分の肌に合ったタイプを選べるところも嬉しいポイントです。
ルナメアについてはこちらのページでも詳しく解説しています。

 


20代の皮脂対策!毛穴も引き締める方法は?

20代は、肌の乾燥が気になり始める年代・・・。
乾燥すると皮脂の量も増え、毛穴も開いてきてしまいます。
ニキビができて、しかも毛穴が開いてしまうと、美肌からは遠のいてしまいますよね。
毛穴のケアはニキビの予防にもつながるので一石二鳥!
この機会に毛穴のお手入れについてしっかりポイントをおさえておきましょう。
毛穴を引き締めるためには、しっかり毛穴の汚れを洗浄し、ビタミンC誘導体の含まれた美容液などでケアする必要があります。
また、鼻パックなどの毛穴ケア用品は、肌への刺激となり、頻繁に使用するとさらに毛穴が開いてしまうこともあるので、おすすめできません。
角栓が気になる場合は、綿棒に美容液をたっぷりつけ、優しく毛穴の上で転がすようにしてケアしましょう。
また、体を冷やさないことも毛穴ケアのために重要なポイント。
体を温めると血行がよくなり、細胞の再生も活発になるため、老廃物も排出しやすく、毛穴の汚れが溜まりにくくなります。


20代のニキビ肌におすすめのベースメイク方法は?

ニキビが気になるという方は、メイクで隠そうとしてついついファンデーションを厚く塗りがちですが、厚く塗ると崩れやすくなり、肌にもよくありません。
ファンデーションや下地、コンシーラーはできるだけ肌に優しいニキビ肌用のものやミネラルタイプを選び、それぞれを薄く重ね塗りするようにしましょう。


【20代のニキビ肌におすすめのファンデーション・下地・コンシーラーはコレ!】


資生堂ミネラルシリーズ

資生堂のミネラル成分でできたベース・ファンデーション・リキッドファンデーションも人気があります。
崩れにくく、モチがいいので、長時間化粧直しができない人にもおすすめです。

【資生堂インテグレート ミネラルベース】




【資生堂インテグレート ファンデーション】




【資生堂インテグレート ウォータリーファンデーション】




DHC薬用アクネシリーズ

DHCの薬用アクネシリーズは、ニキビ肌専用のメイクアップアイテム。
凸凹肌もしっかり隠し、メイクしながらニキビ予防もすることができます。

【DHC薬用アクネケア ポアカバーベース】




【DHC薬用アクネケア パウダリーファンデーション】




【DHC薬用アクネケア コンシーラー】




メンズアクネバリア薬用コンシーラー

男性だと、メイク用品で隠すのが難しいと思われがちですが、素肌でもなじみやすい男性用コンシーラーなら自然にニキビをカバーすることができます。
カラーも2色あり、自分の肌の色に合わせて選べるのも嬉しいですね。



20代のお肌にピーリングケアは刺激が強い??

ニキビはピーリングをすれば解決できる!という情報がありますが、20代の方が安易にピーリングケアをすることは、おすすめできません。
なぜなら、ピーリングは作用が強いものだと、必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があり、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまう可能性もあるからです。
ただし、肌がゴワゴワする、毛穴が開いてきる、しわやシミなど他の肌トラブルが気になる場合は、ピーリングを行うことで肌のターンオーバーが正常化され、ニキビを改善できることもあります。
自分の肌にピーリングが必要なのかを良く考えた上で判断しましょう。
また、セルフピーリングをする際は、肌に優しい製品を選ぶことが大切。
BHAと呼ばれるピーリングは作用がかなり強いケミカルピーリングなので、フルーツ酸(AHA)を主成分としたマイルドなタイプを選ぶようにしましょう。


20代のニキビを治す生活習慣は?

ビタミンを補給する

20代のニキビを早く治すためには、体の中から栄養を補給することが有効です。
食事やサプリメントでビタミンをしっかり補給しましょう。
特に、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEは、ニキビの改善を助けてくれる効果が期待できます。
これらのビタミンは、赤ピーマンやニンジン、うなぎ、レバー、緑黄色野菜、フルーツなどで補うことができるため、積極的に摂るようにしましょう。

炭水化物や脂肪を控える

炭水化物や脂肪分の多い食べ物は、食べ過ぎると皮脂の分泌を促進させてしまうため、できるだけ控えるようにしましょう。
特に、糖質が多く含まれているケーキやパン、チョコレートやスナック菓子には要注意です。
また、ニキビが治るまでは、洋食を控え、なるべくあっさりとした食事をこころがけましょう。

睡眠をしっかりとる

肌の修復は、寝ている間に行われるので、ニキビを早く治すために睡眠時間をしっかり確保することは不可欠です。
また、生活を規則正しくすることでホルモンバランスも整いやすくなるため、新たなニキビもできにくくなります。
また、入浴や食事は睡眠の3時間以上前に済ませておくことが質の良い睡眠を得るためのポイント。
就寝時は、アロマやゆったりとした音楽でリラックスできる状態を作りましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを感じると、男性ホルモンが多く分泌され、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。
適度な運動をして太陽の光を浴びるとストレスが軽減されるので試してみましょう。
また、読書や映画鑑賞など自分の好きなことをする時間も大切にし、ストレスを溜めないよう自己管理してみてください。


20代のニキビ…治らないのはなぜ?改善する?

ニキビ 20代

大人ニキビには、治りにくく再発しやすいという特徴があります。
その理由は、大人ニキビは、食生活やストレス、化粧品や生活リズムなど様々な理由で引き起こされるからです。
ですから、スキンケアだけで治そうとしても、根本的な解決にはならず、ニキビを繰り返してしまいます。
自分の生活を見直し、何が原因でニキビができるようになったのかを良く考えて改善を試みることをおすすめします。


20代前半・後半でスキンケアは変えるべきなの?

20代の前半・後半ではやはり肌の状態も変化していきます。
20代前半は、保湿ケアをするだけで肌の調子が良くなることも多いですが、20代後半になるとシミやしわ、くすみなどの対策としてエイジングのケアも必要となり、ニキビケア用品の選び方も変わってきます。
20代は第一に保湿が重要ですが、20代後半の方は、保湿力に加えて美白効果やエイジング効果のあるものも視野に入れてみるといいでしょう。
ただし、20代後半になると乾燥肌になる人もいれば、反対にオイリー肌に変化する人もいるので、その時々で自分の肌の変化に合ったスキンケアを選択するようにしましょう。


20代のニキビに効くスキンケア!

正しい洗顔方法は?

ニキビを早く治すために肌を清潔な状態にすることは不可欠ですが、正しい洗顔方法を知らなければ、肌を痛めてしまう場合もあります。
ニキビ肌を早く改善させるために、正しい洗顔の方法についてポイントを押さえておきましょう。

【ニキビ肌の人におすすめの洗顔方法】
① まず、石鹸で手を洗う
手を洗わずに洗顔をしてしまうと、せっかく顔を洗っても手に付いた細菌が顔についてしまうということになりかねないので注意が必要です。

② 水で顔を洗う
洗顔料をつける前になるべく水で落とせる汚れやほこりは取っておきましょう。
始めにお肌に水分を与えておくことで、洗顔料もなじみやすくなります。
この時の水の温度は30度くらいを目安にしましょう。

③ 洗顔料を泡立てる
洗顔料を泡立てる時のポイントは、清潔な泡立てネットなどを使い、できるだけきめの細かい泡を作ること。
泡立てネットがない場合は、手の上で空気を入れるように泡立てましょう。
適度に水を加えながら泡立てるときめの細かい泡ができます。

④ 顔を洗う
洗顔料を泡立てられたら、次はいよいよ顔を洗っていきます。
洗顔料は皮脂の多いTゾーン(おでこと鼻筋)から乗せ、なでるように優しく洗います。
Tゾーンが洗い終わったら、頬、こめかみの順に洗いましょう。

⑤ すすぐ
泡をすすぐ時のポイントは、シャワーを直接顔に当てず、洗面器から水をくんで洗い流すこと。
特に髪の生え際やエラ、あご部分は泡が残りやすいので注意しましょう。
この時も水の温度は30度を目安としてください。


化粧水の付け方

化粧水の付け方にもポイントがあります。
まず、成分が浸透しやすいように手で軽く温め、まんべんなく顔になじませます。
そして、目元や口元など皮膚の薄い部分は乾燥しやすいため、化粧水を重ねて足します。
最後は、手のひら全体でお顔を包むようにして化粧水をなじませるようにしましょう。
化粧水をつける時は、コットンを使う人もいますが、浸透力を高めるためには手でなじませることが一番です。
手で強くたたくのではなく、優しく押し当てるようにして浸みこませてください。

美容液・乳液は必要?どうやって使う?

スキンケアは化粧水だけで済ませてしまう人もいますが、化粧水だけではすぐに蒸発してしまい、効果が持続しません。
化粧水・美容液・乳液には、それぞれ違う役割があり、美容液は、化粧水の成分を肌の奥まで浸透させ、乳液は、水分を肌に閉じ込める役目を持ちます。
ですから、化粧水だけでスキンケアを終わらせるのではなく、美容液や乳液も合わせて使い、化粧水の効果を最大限に引き出すことが、ニキビを早く治すためには重要なポイントとなります。


20代のニキビは薬で治る?

20代のニキビは、肌の保湿や生活習慣を見直すことが一番重要ですので、薬は最終的な手段と考えた方がいいでしょう。
薬が合わない場合、ニキビが悪化し、余計に目立ってしまうこともあるので要注意です。
肌の保湿をしっかりとし、生活を見直しても治らない場合は、皮膚科で相談し、副作用などのデメリットを把握した上で使用することをおすすめします。
ニキビ薬については、「ニキビ跡の赤み、色素沈着、シミを消す薬はコレ!皮膚科・市販・病院の薬を徹底解説!」のページでも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。


20代のニキビを部位別に解説!

ニキビ 20代

あご

あごニキビは、ホルモンバランスの乱れによってできるケースが多いため、生活リズムやストレスに注意しましょう。
また、胃腸や肝臓が疲れている時もあごニキビができやすいと言われています。
暴飲暴食やお酒は控え、できるだけ体を休ませましょう。

おでこ・額

おでこのニキビは、ストレスや不規則な生活習慣に加え、前髪の刺激やシャンプー剤の洗い残しという原因も考えられます。
おでこニキビはついつい前髪で隠したくなりますが、せめて家にいる時は、刺激にならないようピンで留めるなどして対策しましょう。

頬にニキビができやすいという方は、無意識に頬杖をついたり、よく顔を触ってしまったりというクセが原因となっている可能性もあります。
また、普段頬に触れる枕カバーやタオルから細菌が移ってしまうとニキビができやすくなることも…。
できるだけこまめに洗濯をして清潔さを保ちましょう。

フェイスラインのニキビ

フェイスラインは、スキンケアをしづらい部分であり、洗顔をしても洗い残しをしてしまったり、保湿アイテムを使ってもきちんと塗れていなかったりする可能性があります。
また、横髪の摩擦によっても雑菌が付着しやすい部位であるため、髪をまとめるなどして対応すると改善する場合もあります。


赤いニキビができてしまった時の改善法は?

赤いニキビは、炎症を起こして患部が腫れている状態です。
このようなニキビが数個できてしまうというような場合は、洗顔を正しくすることで改善される場合が多いようです。
また、顔全体に大量にでき、繰り返してしまうという方はストレスによって肌の抵抗力が低下していることが原因だと考えられます。
環境を変えたり、自分がリラックスできる方法を試したりして、根本的な改善を試みましょう。


女性特有の大人ニキビ!原因は?

生理前や生理中にニキビができるという場合は、ホルモンバランスの乱れが原因だと考えられます。
女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がありますが、生理の周期によって黄体ホルモンが一時的に多く分泌されます。
この黄体ホルモンには、皮脂の分泌を促す役割があるため、生理前はニキビができやすくなってしまうのです。
このニキビを防止するためには、生理の2週間前からしっかりケアをすることがポイント。
いつも以上に保湿をしっかりし、食事もさっぱりとしたものを取るようにしてください。
さらに、最低6時間は睡眠を取るようにし、体を温めてホルモンバランスが乱れにくくすることを心がけましょう。


ニキビだけでなくそばかすも気になる時は?

ニキビだけでなくそばかすも気になり始めたという方は、適切なケアをすることで、お肌を色素沈着しにくい状態にすることが大切です。
ニキビを早く治し、そばかすやニキビ跡を薄くするためには、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水や美容液の使用をおすすめします。
その他、ビタミンEやエラグ酸、βカロテン、L-システインといった成分にも美白効果があり、そばかすやニキビ跡の色素沈着を防いでくれるため、これらの成分が配合されたサプリを飲むことも効果が期待できます。

*

↓

ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング