ニキビ跡とは

*

ニキビ跡とは-ニキビ跡ってどんな状態?ニキビ跡基礎講座

ニキビ跡

1.ニキビとニキビ跡の違いとは?

ニキビがニキビ跡になるのは言うまでもない事ですが、何をしたらニキビがニキビ跡になってしまうかを知っている人は少ないのではないでしょうか?
ニキビ、ニキビ跡共にアクネ菌が原因となりますが、両者の違いを説明すると、治療にかかる時間が大きく異なります。
後述しますが、ニキビ跡は皮膚細胞が再生しにくい部分までアクネ菌が入り込んでしまい炎症を起こしてしまった結果なので、その分ダメージが大きいです。
ダメージが大きければそれだけ治すのも難しくなります。
では、ニキビ跡になる場合と、ニキビとして完治する場合でどのような違いがあるのでしょうか?

1-1.ニキビ跡を防ぐ

先程も説明した通り、ニキビはアクネ菌が繁殖してしまい皮膚の外側が炎症を起こしている状態ですが、このアクネ菌が皮膚の内側に入ってしまうと再生しにくい部分で炎症を起こしてしまい、ニキビ跡として長く残ってしまう可能性があります。
ニキビ跡として残らないようにするためにはニキビの状態で完治させることが大切です。
ニキビを跡として残さないためには、洗浄と保湿がキーとなります。
洗浄、清潔にすることでアクネ菌が繁殖しずらい環境にして保湿によって肌を外部から守ります。
こうしないとアクネ菌やその他雑菌がどんどん繁殖して肌の奥まで炎症を起こしてしまいます。

1-2.ニキビ跡ってどんな状態?

ニキビ跡について少し詳しく説明していきましょう。
ニキビ跡とは、ニキビによる炎症で周辺の組織が損傷してしまい、傷跡が瘢痕(はんこん)として残ってしまった状態のものを指します。
ニキビ跡の程度に関しては、体質、ニキビの進行具合、ケアしたかどうか、などで大きく変わります。
損傷の程度によってはホームケアで治るもの、皮膚科、クリニックで治療しなければ治せないものがあります。
基本的に、重度なニキビ跡であればあるほど自宅でのケアで綺麗に治すことは難しくなっていきます。
次に、ニキビ跡の種類とその見分け方について説明していきたいと思います。

2.ニキビ跡の種類と見分け方

ニキビ跡には大きく分けて二種類のものが存在します。
一つは、クレーター型と呼ばれるもの、もう一つは炎症型と呼ばれることがあります。
クレーター型はニキビが肌の奥底の組織にまでダメージを与えてしまった結果できてしまうもので、重度なものであると言えるでしょう。
炎症型は比較的軽度なニキビ跡である場合が多く、クレータータイプのものに比べて早く治療が進む可能性があります。
いずれにせよ、ニキビ跡は種類によって効果的な対処方法、治療方法が異なるため自分のニキビ跡はどのタイプなのかを知ることが大切です。

2-1.クレータータイプの特徴

ニキビ跡の中で最も重度なタイプなものはクレーター型と呼ばれるものです。
クレータータイプのニキビ跡は、芸能人のブラックマヨネーズの吉田さんの肌をイメージしてもらえればと思います。
見た目としては肌が凸凹してしまっています。
肌の内側(真皮細胞)がダメージを受けてしまったことでコラーゲン組織が失われてしまい肌が落ち窪んでしまいます。
治療するためには真皮層のコラーゲンを再生させる他ありません。
ダメージを受けたコラーゲンを再生させることで肌は再び盛り上がってくるのですが治療に時間がかかります。
ニキビ跡の中で最も時間がかかってしまうのがこのタイプです。

2-2.炎症タイプの特徴

ニキビが治り、炎症時に盛り上がっていたものが平らになった後も赤みが残ることがあります。
この赤みが中々消えにくいのですが、これもニキビ跡の一種です。
症状としては他のものよりも一番軽く、セルフケアで完治させることが可能です。
皮膚にニキビが出来た場合、それを治そうとして毛細血管が沢山生成されるのですが、肌が治った後も毛細血管の働きが活発化してしまっている場合があります。
毛細血管の中には血液が流れているため、外部からだと赤く見えるのです。
ニキビに限らず、小さな傷でも赤みが残ることがあるため見たことがある人も多いはずです。
ビタミンCを摂り、ストレスを溜めない生活を送ることで徐々に改善していきます。

2-3.色素沈着型ニキビ跡の特徴

ニキビによる炎症は赤いですが、これが茶色いニキビ跡として残ってしまう場合があります。
これは炎症後色素沈着と言われています。
色素沈着型ニキビ跡は、紫外線に当たることでメラニン色素沈着とダブルで跡になり、治り辛くなってしまうため紫外線に当たらないようにする、UVカット化粧品を使うなどして紫外線は極力避けてください。
早く目立たなくしたいのであれば、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うこともおすすめです。
また、ホームピーリングによるセルフケアも効果があることが知られています。

2-4.ケロイドタイプの特徴

あまり一般的ではありませんが、体質によってはニキビ跡がケロイド化してしまうこともあります。
ケロイド化とは、皮膚が再生するときに過剰にコラーゲン繊維が再生されてしまい皮膚が盛り上がって硬くなってしまうことを指します。
クレータータイプのニキビ跡の逆のものであると考えてもらってよいでしょう。
残念ながらケロイドタイプのニキビ跡はセルフケアで治すことができません。
治すためには皮膚科など専門家にステロイドの局所注射をしてもらう必要があります。
こうすることで皮膚の盛り上がりが徐々に収まっていくので目立たないレベルにまで症状を改善することが可能です。

3.(まとめ)ニキビ跡はセルフケアで治せる?

ニキビ跡は症状、種類によってセルフケアで治せるもの、治せないものがあります。
ホームケアで完治することができるのは、炎症型、色素沈着型ニキビ跡で、それ以外は基本的には皮膚科に通院する必要があります。
特に、クレーター型ニキビ跡、ケロイドタイプのニキビ跡は皮膚科でコラーゲン注射、ステロイド注射をしなければ症状が改善しないため自宅ケアによる完治は難しいです。
なお、セルフケアで治す場合にはビタミンC誘導体配合の化粧品、ホームピーリングが効果的です。
ピーリングとは、不必要になった角質を落とすことでターンオーバーを促進する方法で、ニキビ跡の種類によっては効果的です。

3-1.治療にはターンオーバー正常化が不可欠

ニキビ跡に限らず、ほぼ全ての肌トラブルの改善にはターンオーバー(肌の生まれ変わり)が治療の鍵となります。
ターンオーバーとは、皮膚組織の内側(基底層)で作られた綺麗な皮膚細胞が細胞分裂を繰り返して肌の外側(角質層)に移動していき、角質層にある細胞は剥がれ落ちていくという一連のサイクルのことを指します。
ターンオーバーが正常に働いていくと角質層にある汚れた細胞が綺麗な細胞に入れ替わっていくため、肌がどんどん綺麗になっていきます。
もちろん、肌トラブルも改善していくため美容のためにもターンオーバーの正常化は必要不可欠です。

4.ニキビ跡に効果がある化粧水リプロスキン

リプロスキンはニキビ跡のためだけに開発された化粧水で、ニキビ跡に効く様々な有効成分が含まれています。
ヒアルロン酸はもちろんのこと、古くからニキビ跡に有効とされているグリチルリチン酸ジカリウムも配合されています。
リプロスキンの特徴として、肌を一時的にアルカリ性に傾けることで有効成分が皮膚組織に浸透しやすくしていること、保湿成分によって肌を守ることが挙げられます。
利用者も、「ゴワゴワの肌がリプロスキンによって柔らかくなった。」や、「すっぴんでも人前に出られるようになった。」など高評価のコメントをしています。
クレータータイプやケロイド状のニキビ跡には効果はあまり見込めませんが、それ以外のニキビ跡ケアには間違いなく持っておいた方が良い化粧水です。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング