ニキビ跡 アットノン

*

アットノンってどんな商品

ニキビ跡 アットノン

アットノンは、小林製薬が製造・販売する外皮用薬で、ドラッグストアで市販されているほか、Amazonなどの通販サイトからも購入可能です。
透明ジェルタイプ、クリームタイプ、コンシーラータイプ、ローションタイプと4つのタイプが販売されており、内容量や価格はタイプによって異なります。
効果のある症状は、傷あと、やけどのあと、ひじ・ひざの角化症、手足のひび・あかぎれなど様々ですが、最近は口コミなどで「ニキビ跡の改善効果がある!」と話題です。
このページでは、そんな「傷あと改善薬」アットノンについて解説していきます。
では、まず各タイプ毎の詳細を見ていきましょう。


ジェル

ジェルタイプは、サラッとした透明の塗り薬です。
どの部分に使用しやすく、白くならず肌表面がベタつかないため、塗ってすぐに服を着ても問題ありません。
購入者アンケートでは、81.2%以上の方に「使用感が良い」という評価を得ているアットノンの定番タイプと言えます。
内容量は15g、価格は税込み1,404円で販売されています。


クリーム

クリームタイプは、しっとりした使用感の塗り薬で、ベタつきがなく塗った後も白くなりません。
また、肌への刺激も少ないため、皮膚の弱いお子様にも安心して使うことができます。
「しっとりした使用感が好み」、「小さい子どもの傷あとに使いたい」という方におすすめのタイプです。
なお、内容量は15g、価格は税込み1,404円で販売されています。


ローション

ローションタイプは、伸びも良く、すぐに肌へなじむため、広い範囲に塗ることができます。
そのため、虫さされ、乾燥肌の傷あとなど、傷あとが広範囲に及ぶ方におすすめです。
内容量も25gと他のタイプより多く、広範囲への使用が考慮されている事がうかがえます。
ただし、内容量が多い分、価格もやや高めに設定されており、希望小売価格は税込み1,728円となっています。


コンシーラー

コンシーラータイプは、肌色をしたクリームタイプの塗り薬です。
肌に密着して傷あとを隠してくれるため、服を着ても隠れない部位の傷あとにピッタリと言えるでしょう。
「外出時に傷あとが目立って気になる」という方には、特におすすめです。
内容量は他のタイプより少なく10g、価格は税込み1,404円に設定されています。



アットノンの効果-どうして傷跡が消えるの?

アットノンは、傷ができてしまった直後ではなく、「残ってしまった傷あと」に効く薬です。
できてから1~2年経った傷あとにも有効なのですが、どうして傷あとが消えるのでしょうか?
その理由は、傷あとが回復する過程でヘパリン類似物質を補い、皮膚の新陳代謝を促すからです。
その上で、皮膚の水分バランスを保ちながら炎症を抑え、傷あとを改善していきます。
具体的には、3つの作用があるため傷あとを修復することができるのですが、それぞれの作用について、ここから詳しく解説していきます。


血行促進作用

アットノンは、皮下組織にある血管に作用することで、血液の循環を促します。
血流が良くなることで、肌の新陳代謝が促進されるため、傷あとが新しい皮膚へと生まれ変わるのです。
本来、肌はターンオーバーを繰り返しており、一定の周期で古い角質が剥がれ、新しい皮膚組織が生成されます。
そのターンオーバーを促進させるため、傷あとが徐々に目立たなくなっていくというわけです。


抗炎症作用

傷あと部分の下にある真皮層では、慢性的に炎症が起こっています。
赤みが残っている傷あとはその典型で、皮膚の下で炎症が起こっているために赤くなっているのです。
アットノンには、炎症を鎮める作用があり、皮膚の正常化機能を回復させることができます。
炎症を抑えられ、皮膚が本来持っている機能を取り戻すことで、傷あとの修復につながるのです。


水分保持作用

傷あとの表面部分は、汗や汗腺、皮脂腺などが無くなっている状態です。
そのため乾燥しやすく、外部からの刺激に敏感になっています。
しかし、アットノンは傷あとの水分を保つことで、表皮の角質の保湿性と柔軟性を回復させます。
肌の乾燥は、正常なターンオーバーを妨げますが、表皮を保湿することで肌の新陳代謝がスムーズに行われ、傷あとが治りやすい状態になるのです。


アットノンがニキビ跡に効く理由

アットノンには多くの成分が配合されていますが、その中でニキビ跡の改善効果がある成分は、ヘパリン類似物質です。
ヘパリン類似物質は、肌の炎症を抑えて水分を保ち、さらに肌の新陳代謝を高める効果があります。
さらに、皮膚の真皮層まで浸透して皮膚組織の修復を促進するため、ニキビ跡の改善効果が期待できるのです。
具体的にどういったタイプのニキビ跡に有効かと言うと、赤みのあるニキビ跡と色素沈着したニキビ跡でしょう。
まず、抗炎症作用がニキビ跡の赤みを抑えて、本来あるべき肌へと導いてくれます。
また、肌のターンオーバーを促すことでメラニンを排出し、色素沈着したニキビ跡を改善してれくます。
ただし、凸凹とクレーター状になったニキビ跡に対しては、あまり効果が期待できません。
というのも、クレータータイプのニキビ跡は皮膚の奥深くまでダメージが及んでいるのですが、表面が角質で覆われているため、有効成分がなかなか浸透しないからです。
クレータータイプのニキビ跡でお悩みの方は、ニキビ跡専用のスキンケア商品を使用するか、皮膚科で相談されることをおすすめします。



アットノン使用上の注意点・副作用はある?

アットノンの使用については、いくつか注意点があります。
まず、目の周囲や粘膜(口腔・鼻腔など)には使用しないことです。
また、出血性血液疾患(血友病・血小板減少症・紫斑病など)の方は、使用しないようにしてください。
こういった方が使用した場合、症状が悪化したり、副作用(発疹・発赤・かゆみ・はれ)が起こる可能性があります。
その他、薬によるアレルギー症状を起こした経験のある方、医師の治療を受けている方、湿疹やただれがひどい方は、医師や薬剤師に使用の可否を相談しましょう。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング