ニキビ跡 コンシーラー

*

ニキビ跡をすぐ消せるコンシーラー7選!実際にニキビ跡が消えた使い方

ニキビ跡 コンシーラー

ニキビ跡はスキンケアでも消すことが可能ですが、完全に消えるまでには時間がかかります。

その為、外出時などはお化粧でニキビ跡を隠す必要がありますよね。

ニキビ跡に悩む方はメイク時にコンシーラーを使用されている方は多いと思いますが、お持ちのコンシーラーに満足されていますか?

カバー力に優れた納得のいくものに出会えていない方に、コンシーラーの選び方と使い方、さらにおすすめのコンシーラー7選をご紹介します。



1. ニキビ跡を隠すコンシーラーの選び方

ニキビ跡を上手に隠す為には、コンシーラーであれば何でもいいというわけではありません。
ニキビ跡の特徴を理解し、適したコンシーラーを使うことで、上手にニキビ跡を隠すことができますよ。


1-1. 症状に合わせて色味を変える

ニキビが炎症を起こすと、毛穴周りの毛細血管や細胞のキズを治そうとして、毛細血管が一時的に増えてうっ血するので、肌が赤く見えます。

赤みが強いニキビ跡にはグリーン系のコンシーラーが効果的です。
赤みがそれほど強くなければ、イエローやベージュ系でもニキビ跡をしっかり隠せます。イエロー・ベージュ系コンシーラーを購入する場合は、肌と同じ色かやや明るめのコンシーラーがおすすめです。

また、ニキビ跡がチークを塗る箇所にあれば、チークで隠すこともできます。


1-2. スティックかクリームタイプがおすすめ

スティックタイプは、質感が硬くて肌にピタッと密着するのが特徴です。
マットな感じが出るので多少厚塗り感が出る場合もありますが、しっかりとニキビ跡をカバーしたいときに使用するとよいでしょう。

クリームタイプは、柔らかく伸びがいいことが特徴です。
また、油分が多いのでツヤ感も期待できます。
色味が明るいタイプはハイライトにも利用できるのもポイントです。


1-3. 成分にも注目して選ぶ

コンシーラーは、ニキビ跡が悪化しないようになるべく肌にやさしいものを選びましょう。
そのため、成分表を確認して、肌に刺激のある成分を含んでいないか確認が必要です。

化粧品は肌を刺激しがちな成分を含んでいることも多いので、特に反応が出やすい敏感肌の方は気をつけてください。

基本的には、以下の4成分が入っていないコンシーラーを選ぶことがポイントです。

  • 合成界面活性剤・・・刺激が強く、肌のバリア機能を低下させる
  • 合成ポリマー・・・落としにくく、強いクレンジング剤が必要なため、肌に悪影響となる
  • タール系色素・・・発がん性があるものや、アレルギーを引き起こすものがある
  • パラベン・・・防腐剤に使われている成分、まれに皮膚障害を起こす

2. ニキビ跡隠しにおすすめのコンシーラー7選

では、ニキビ跡をきれいに隠せるコンシーラー7商品をご紹介します。


2-1.キャンメイク スタンプカバーコンシーラー

キャンメイク スタンプカバーコンシーラー

プチプラ化粧品で有名なキャンメイクの「スタンプカバーコンシーラー」は、先が細めなので、メイクの後に気になる部分を簡単に消しやすい商品です。

光の乱反射を利用した「ソフトフォーカスパウダー」配合なので、毛穴が目立ちにくくなります。
パラベン、タール系色素、石油系界面活性剤がすべてフリー、もちろん無香料なのでとても肌に優しいです。
紫外線防止効果もあるので、肌を守る効果も期待できます。


2-2.オルビス アクネスポッツコンシーラー

オルビス アクネスポッツコンシーラー

「アクネスポッツコンシーラー」は、オイルカットのコンシーラーです。
光の乱反射を利用したソフトフォーカス効果により、凹凸や色むらを補正し、自然できれいな肌色に整えます。

さらに、薬用成分や植物性保湿成分が配合されており、SPF15で紫外線も防止します。


2-3.リプロスキン コンシーラー

リプロスキン コンシーラー

「リプロスキンコンシーラー」には、優れた殺菌作用のあるレモングラスやサリチル酸が配合されています。
抗菌・殺菌作用があるサリチル酸は、ニキビケア化粧品によく使われる成分です。


2-4.DHC 薬用 アクネケア コンシーラー

DHC 薬用 アクネケア コンシーラー

「薬用 アクネケア コンシーラー」は、殺菌作用が高い成分を配合したコンシーラーです。
余分な皮脂を吸収するテカリ防止パウダーのおかげで、脂性肌も長時間サラサラの状態が続きます。

香料、パラベンはもちろん不使用で、オリーブリーフ濃縮エキス、引き締め効果が高いアーティチョークエキスが配合されており、SPF22 PA++で紫外線もしっかりブロックします。
ニキビや敏感肌にお悩みの方も安心して使えるコンシーラーです。


2-5.クリニーク イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー

クリニーク イーブン ベター スポッツ コンセントレート コンシーラー

コンシーラーはベージュが一般的ですが、クリニークから白いコンシーラーが販売され話題になっています。

気になる箇所を白でカバーした後、通常のベージュのコンシーラーとファンデーションを使うと、仕上がりがナチュラルになりカバー力も抜群です。
ハイライトとしても使えるので、一本あると役立ちます。


2-6.ディオール フィックス イット カラー(赤みニキビ跡向け)

ディオール フィックス イット カラー

「フィックス イット カラー」の真ん中にある透明な部分は美容液が入っているため、使った部分をカバーできるだけでなく、潤いを与えられることも魅力です。
カラーは4色展開しており、赤みニキビ跡には赤の補色の緑を使うときれい隠せます。


2-7.アカラカバー(赤みニキビ跡向け)

アカラカバー

「アカラカバー」は、黄緑色のコンシーラーです。
グリーン系の色効果で赤みが目立たなくなるため、赤みニキビ跡におすすめです。

植物由来のビタミンを配合しており、炎症の軽減にも効果があります。
スティックタイプにありがちな硬さがなく伸びが良いため、厚塗り感が出ない点もポイントです。



3.ニキビ跡を消す!コンシーラーの使い方

ニキビ跡を隠すためのコンシーラーが決まったら、次に効果的なコンシーラーの使い方をご紹介します。


3-1. コンシーラーはメイクのどのタイミングで使う?

ニキビ跡を目立たなくさせるには、コンシーラーをメイクのどのタイミングで使用するかが重要になります。
メイクアップ化粧品を使用するときは、リキッドやクリーム状の油分の多い化粧品から塗り始め、油分が少なめの粉状の化粧品を後に使うのが基本です。

油分が多い化粧品は、肌になじみやすく、粉っぽい化粧品も油分の上に使うと密着しやすいからです。
油分の量でメイクアップ化粧品の使う順序が決まるため、コンシーラーを使うタイミングについてもファンデーションの油分量により変わるということです。

普段お使いになっているファンデーションの種類に合わせ、どのタイミングでコンシーラーを使うかを確認しましょう。


パウダータイプの場合

コンシーラーを塗ってからファンデーションを使います。
パウダーの上にコンシーラーを塗ってしまうと、肌に馴染みにくく、化粧崩れの原因にもなり、仕上がりがきれいにならないためです。

ファンデーションの前に使えば、コンシーラーの水分がファンデーションのパウダーを吸着し、ニキビ跡をよりきれいにカバーできます。


パウダータイプ以外の場合(クリーム・リキッド・BBクリームなど)

パウダータイプのときと反対で、ファンデーションを使ってからコンシーラーをつけます。
コンシーラーが肌によくなじみ、欠点を自然にカバーできます。

※メーカーにより使用タイミングが決められている場合もあるので、商品ごとの使用方法にも目を通しておきましょう。


3-2.コンシーラーの正しい塗り方

ニキビ跡の気になる部分に少量をチョンとつけて、指の腹で優しく叩き込みます。
そのあとにニキビ跡の周辺をぼかすように薬指の腹でコンシーラーを馴染ませましょう。

気になる部分にただ塗るだけだと浮いて見えてしまうので、丁寧に伸ばすことがポイントです。



4.コンシーラーを使う時の注意点

ニキビ跡 コンシーラー

コンシーラーは使い方を間違えるとニキビ跡がうまく隠れないため、使用する際の注意点も覚えておきましょう。


4-1. 塗り過ぎは返って不自然で目立ってしまう

コンシーラーを使ってもニキビ跡がきれいに隠せない多いのが、塗り過ぎでかえってニキビ跡を目立たせているケースです。

これは中心の赤みが気になりすぎて、中心に厚く塗っているのが原因といえます。
周りからニキビ跡を埋めて、周りの肌と馴染ませるように薄く塗ることがポイントです。

また、必要に応じて重ね塗りをしますが、コンシーラーは基本的にカバー力がファンデーションよりも高いため、塗り重ねると厚塗りになってしまうので注意しましょう。


4-2. 「ニキビ」ができている箇所には注意!

ニキビができている箇所に油分の多いコンシーラーを使用すると、ニキビが悪化してしまいます。
油分はアクネ菌の好物のエサとなるので、ニキビができているの箇所に油分を与えてしまうとアクネ菌が繁殖し、悪化してしまうのです。

特に、炎症を起こしているニキビはアクネ菌の活動が活発なため、コンシーラーの使用はできる限り控えましょう。

もし、コンシーラーを使いたいのであれば、薬用コンシーラーがおすすめです。
中には、ニキビを防ぐ成分配合の薬用コンシーラーも販売されています。
気になるニキビを隠し、さらにニキビの悪化も防いでくれるのは嬉しいですね。

ニキビを悪化させないためには、コンシーラーの質にもこだわりたいものです。
また、ニキビを直接触る回数を少なくするために、清潔なブラシを使って塗る方法もよいでしょう。



まとめ

ニキビを隠す為のコンシーラーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?
おすすめのコンシーラーからご自分に合いそうな商品は見つかりましたか?

コンシーラーを使うタイミングは、お使いのファンデーションの種類により違ってきます。
コンシーラーの正しい使い方を覚えて、気になっているニキビ跡を今度こそキレイにカバーしましょう。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング