ニキビ跡 クリーム

*

ニキビ跡ケアでのクリームの役割・効果とは?

ニキビ跡 クリーム

ニキビ跡をケアする際、保湿が重要であることはよく知られています。
そのため、ニキビ跡を改善するために、肌の潤いを保とうとクリームを使っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、クリームと一口に言っても様々なタイプがあり、それぞれ役割や効果が違います。
従って、その点をしっかりと理解した上で、ニキビ跡ケアをすることが重要です。
このページでは、ニキビ跡ケアに有効なクリームの役割について解説していきます。
さらに、ニキビ跡ケアにおすすめのクリームも紹介しますから、是非最後まで読んでみてください。


保湿クリームの役割・効果

保湿クリームは、油分をたっぷりと含んでいる点が特徴で、水分が蒸発しないように肌をカバーするような役割を果たします。
また、肌をカバーすることで化粧水の成分を浸透させる効果も併せ持ちます。
つまり、保湿クリームは洗顔後のスキンケアの最終段階で使用するものだということです。
洗顔してすぐに保湿クリームをつけると、水分が肌に浸透する前に表皮にフタをした様な状態になり、肌トラブルの原因になりますから注意しましょう。


スポットタイプクリームの役割・効果

スポットタイプのクリームは、有効成分が高濃度で配合されていることが多く、気になる部分だけに使うクリームです。
具体的には、色素沈着してシミができた部分に使ったり、シワやたるみが気になる部分に使ったりと、その用途は様々です。
保湿クリームの様に、顔全体に塗るものではありませんから、使い方を間違えないようにしてください。
なお、スポットタイプクリームを塗る順番は、保湿クリーム同様にスキンケアをした後です。



保湿クリームと乳液の違い・使い分け方


乳液と保湿クリームの違いとは?

乳液と保湿クリームは、その用途が異なります。
まず、乳液は化粧水をつけた後の水分(肌の潤い)を保つものです。
一方の保湿クリームは、水分の蒸発を防ぐために表皮を油分でカバーするものです。
使用感は、乳液がさっぱり、クリームはしっとりといった感じで、好みに合わせて使い分けると良いでしょう。
ただし、保湿力に関してはクリームの方が強いため、乾燥が気になるのであればクリームを使ってください。
また、クリームと乳液の併用もおすすめです。
その場合は、油分の少ないものから使用しましょう。
具体的には、化粧水→美容液→乳液→クリームという順番が一般的です。



季節や肌状態による使い分けも重要!

季節や肌の状態に合わせ、乳液と保湿クリームを使い分けることも重要です。
例えば、比較的気温が高くなる春、暑くて皮脂が分泌されやすい夏などは、さっぱりとした質感の乳液がおすすめです。
逆に、気温が低くなり空気も乾燥する秋や冬になれば、しっとりとした使用感の保湿クリームを使うと良いでしょう。
また、顔全体には乳液を、シワができやすい目元や口元には保湿力の高いクリームを塗るなど、ご自身の肌質や乾燥の度合いに合わせて、使い分ける工夫も必要です。



ニキビ跡ケアにおすすめのクリーム

ここまでは、乳液とクリームの役割や使い分けについて解説してきましたが、次はニキビ跡ケアにおすすめの「ビーグレン モイスチャーリッチクリーム」をご紹介します。
このクリームには、ポリアミン、アップレビティ、ラミリン、アクアエクストリーム、ハイビスカス花発酵液という5つの美容成分が配合され、肌のターンオーバーを整えると共にエイジングを遅らせる効果を併せ持ちます。
また、ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」が、有効成分を肌の角層の奥まで浸透させ、長時間にわたって効果を持続させる点も特徴です。
価格は税込みで7,560円とやや高めですが、「それだけの効果が実感できる!」と口コミでも評判のクリームです。
「何を使ってもニキビ跡が治らない・・・」という方は、一度試してみることをおすすめします。



市販のクリームはニキビ跡に効く?


ニベアクリームのニキビ跡への効果について

高級クリーム「ドゥラメール」と成分がほぼ同じということもあり、高い美容効果が期待できると言われます。
そのニベアクリームが、「ニキビ跡に効く!」と話題になっているのですが、本当なのでしょうか?
まず、ニベアクリームにはクエン酸やスクワラン、ホホバオイルといった保湿効果の高い成分が配合されています。
こういった成分は、肌のターンオーバーを整え、皮脂の過剰分泌を抑えるため、ニキビ跡に効果がある可能性はあります。
とはいえ、高濃度で美容成分が配合されているクリームと比較すると、ニキビ跡への効果には疑問が残ります。
ニベアクリームは、あくまでも日常的なスキンケアに効果を発揮する商品であり、「ニキビ跡を消す」効果はあまり期待できないでしょう。


ケシミンクリームのニキビ跡への効果について

市販のプチプラ化粧品として有名なケシミンクリームも、「ニキビ跡に効果がある」と言われています。
ケシミンクリームにはビタミンC誘導体が配合されており、メラニンの排出作用、抗酸化作用、新陳代謝の促進作用などが期待できます。
特に、メラニン排出作用による「シミを消す効果」が高いと言われるため、色素沈着タイプのニキビ跡には効果があるかもしれません。
しかし、美白効果よりは保湿効果に対する高い評価が目立つ上、価格を考えると成分の濃度もそれほど高くないでしょう。
従って、ニベアクリームと同様、ニキビ跡に対する効果はそれほど期待できません。
ケシミンクリームについて詳しくはこちら

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング