ニキビ 隠す

*

ニキビ跡を隠すメイク方法―コンシーラー・ファンデーションの上手な選び方・使い方

ニキビ跡 隠したい

「人前に出る機会があるのに、ニキビ跡があって恥ずかしい・・・」
「ニキビ跡は隠したいけど、ファンデーションの厚塗りはしたくない!」
「コンシーラーを使ってみてもうまく隠れない。」


ニキビ跡をキレイに隠すには、普段通りのメイクではうまくいきません。
コンシーラーやファンデーションの使い方、使う順番に工夫が必要です。

ここでは、ニキビ跡をキレイに隠す化粧のやり方をご紹介します。

ニキビ跡をキレイに隠すメイク手順

ニキビ跡をしっかりカバーするには、
1. 化粧下地
2. コンシーラー
3. ファンデーション

の順番でメイクを行います。

以下の画像は、これから紹介する方法で実際にメイクした時のメイク前とメイク後の画像です。

ニキビ跡 隠す

この様に正しい手順で化粧をすることで、色素沈着など肌トラブルがしっかり隠れます。
では、それぞれの工程について、詳しくご説明します。

1. 肌色の化粧下地で肌表面を整える

化粧下地は、クレーターによりへこんだ肌や炎症により盛り上がった肌をなめらかに整えて、カバーする役割をします。
また、化粧下地を塗ることにより、その後のファンデーションの化粧ノリを良くすることが出来ます。

化粧下地は、商品の規定量を出し、顔全体に伸ばしましょう。
この時、化粧下地をブラシで伸ばすと、ムラなく全体に化粧下地を塗れるのでおすすめです。

化粧下地は肌色のものを使うことで、多少の赤みや色素沈着を隠すこともできます。
また、化粧下地は直接肌に触れる為、美容成分や保湿成分配合のものを使うと、塗っている間も肌をケアすることが可能です。

カバー力が物足りないと感じる場合は、化粧下地の代わりにBBクリームを使うこともおすすめです。
BBクリームは、一本でもベースメイク全ての役割を果たすため、化粧下地よりもカバー力が上がります。

ニキビ跡 隠す 化粧下地

化粧下地で注意するポイント

化粧下地を塗らずに化粧をするのはNG。
素肌に直接ファンデーションを塗ると、後の化粧ノリが悪くなってしまい、不自然な仕上がりになってしまいます。
また、化粧崩れしやすくなるため、うまくニキビ跡を隠すことが出来ません。
必ず、化粧下地は塗る様にしましょう。

2. 色味が気になる部分はコンシーラーでカバー

化粧下地を塗っても赤みや色素沈着ニキビ跡が目立つ場合は、その部分にコンシーラーを塗りましょう。

コンシーラーは、容器からそのままニキビ跡の部分にポンポンと付けて、さらに手でやさしく叩いてなじませます。

コンシーラーにもさまざまな種類がありますが、カバー力重視ならスティックタイプがおすすめです。

ニキビ跡 隠す コンシーラー

コンシーラーで注意するポイント

コンシーラーは油分が多いため、他の化粧品に比べて肌への負担がどうしても強くなってしまいます。

そのため、パラベンフリーや無添加など、比較的肌への負担が少ないものを選びましょう。

3. パウダーファンデーションで仕上げ

最後にファンデーションで仕上げです。
ファンデーションはパウダータイプを使うことで、さらっとした素肌に近い仕上がりになります。

また、ここでもブラシを使うことがポイントです。
ブラシでファンデーションをさっと撫でれば適量付いてくるので、そのまま肌にクルクルと乗せてせていきましょう。
ブラシを使うことで肌に余分なファンデーションが付かず、厚塗り感が出にくくなり、塗り過ぎによる粉っぽさもなくなります。

ミネラルファンデーションであれば、油分を含まず、天然成分で肌に優しいのでニキビ跡隠しには特におすすめです。

ニキビ跡 隠す ファンデーション

ファンデーションで注意するポイント

ニキビ跡隠しでは、リキッドファンデーションはおすすめしません。

リキッドファンデーションは、カバー力が強く隠す力としてはパウダータイプより勝るのですが、油分が多く厚塗り感が出てしまいます。
また、化粧品に含まれる油分は肌への刺激となるため、吹き出物や肌荒れを招く可能性もあります。

肌への負担を考え、パウダーファンデーションがおすすめです。

以上の工程で、ニキビ跡を隠す為のベースメイクは終了です! カバー力と肌への負担を減らすことを考えたメイクを是非試してみてください。

正しいメイク方法で薄付きでもニキビ跡が隠せる

ニキビ跡 メイク

紹介したメイク方法なら、自然な仕上がりでカバー力も高いため、ニキビ跡を隠すことが可能です。
さらに、各工程で使う化粧品を工夫することにより、ニキビ跡ができている肌への負担も減らすことが出来ます。
メイクでの隠し方はもちろんですが、メイクに使う化粧品選びにも注目してみてくださいね!

ニキビ跡がある肌に優しい化粧品選び

ニキビ跡ができている肌状態は、肌のターンオーバーが乱れて肌を守るための水分が少なくなっており、バリア機能が低下しています。
そのため、刺激の強いものを使うと、肌荒れやニキビ跡の悪化などを引き起こすケースがあるのです。

肌状態を悪化させない為に、ニキビ跡ができている時には、肌に優しい化粧品を使う様にしましょう。

ニキビ跡 化粧

肌に優しい化粧品とは?

肌に優しい化粧品を選ぶ際には、以下の2つを意識しましょう。

油分が含まれていない・少ない

化粧品に含まれる油分は肌への刺激となります。
そのため、油分が少なく、天然成分で出来ている化粧品を使うことで、肌への負担を減らせることが出来ます。

美容成分・保湿成分が含まれている

メイクアップ化粧品の中には、美容成分や保湿成分が含まれているものも多くあります。
それなら、メイクしている間も成分が肌に浸透してケアをしてくれるので、敏感な肌におすすめです。

ニキビ跡隠しにおすすめ!肌に優しい化粧品

肌に優しく、ニキビ跡を隠すカバー力もある化粧品をピックアップしました。
ニキビ跡隠し用の化粧品選びの参考にしてみてください★

化粧下地

ビーグレン ヌーディーヴェール

ヌーディーヴェール

ヌーディーヴェールは、ニキビ跡ケアでおなじみのサイエンスコスメブランド「ビーグレン」の化粧下地です。

柔らかいテクスチャにより軽い付け心地で、厚塗り感の心配はありません。
また、「シャイニングパール効果」により、顔に当たる光をコントロールできるため、肌トラブルによる色味を目立たせないようにできています。

さらに、保湿・美容成分を配合しており、メイクをしながらでも肌をケアすることが可能です。

さまざまな肌トラブルに対応する化粧品を作る「ビーグレン」による、肌への優しさを考えられた化粧下地なのです。

商品名 ビーグレン ヌーディ―ヴェール
価格 4,900円(税込)
容量 20g

公式サイトで詳しく見る

コンシーラー

カクシーラー

カクシーラー

カクシーラーは、傷跡も隠すことが出来るカバー力を持つコンシーラーです。
他のコンシーラーでは隠しきれなかった跡でも、カクシーラーでは隠せたと利用者の声もあります。
水や汗にも強く、化粧崩れなどの心配もありません。
色味はベージュ系で、保湿成分も含まれているため伸びが良く、肌になじみやすく作られています。
パラベンフリーなので、肌への負担も考えて作られています。

商品名 カクシーラー
価格 2,418円(税込)
容量 10g

公式サイトで詳しく見る

アカラカバー(※赤みにおすすめ)

アカラカバー

グリーン系の色合いで、色の効果により赤みを軽減させることができます。
植物由来のビタミンが配合されている為、赤みの炎症の軽減にも有効です。
スティックタイプは硬めで伸びが心配ですが、アカラカバーは伸びの良さにも定評があるため、コンシーラーにありがちな厚塗り感が出ない所がポイントです。

商品名 アカラカバー
価格 2,418円(税込)
容量 10g

公式サイトで詳しく見る

ファンデーション

オンリーミネラル

オンリーミネラル

ミネラルファンデーションと言えば「オンリーミネラル」と言われるほど、知名度と効果に定評があるファンデーションです。
防腐剤や着色料など、肌に刺激となるものが含まれておらず、ミネラル100%で出来ています。
そのため、寝たままつけても大丈夫なほど肌への負担が少ないです。
また、微粒子が肌にしっかり密着する為、カバー力も充分あります!
肌に優しくカバー力もあり、ニキビ跡隠しのファンデーションにピッタリです。

商品名 オンリーミネラル ファンデーション
価格 2.5g : 2,500円 (税抜)
7g : 3,800円 (税抜)
容量 2.5g / 7g

公式サイトで詳しく見る

メイクの後はしっかり落としてスキンケアも忘れずに!

いくら肌に優しい化粧品を使っても、化粧は肌への負担になってしまいます。
そして、洗い残しなどにより肌に残ってしまうと、化粧品は肌を刺激する汚れに変化し、ニキビ跡の悪化、肌荒れやニキビの発生につながります。

そのため、化粧をした後はメイク落としで化粧をしっかり落とし、スキンケアを行って肌をいたわってあげることが大切です。

また、ニキビ跡を根本的に治すためにも、スキンケアが有効です。
ニキビ跡にお悩みの方は、メイクで隠すだけではなく、スキンケアで根本的に改善してみましょう。

*
*

ニキビ 隠す

1.ニキビ跡を隠すには正しい手段で!

ニキビ跡ができてしまうとなかなか治らないと感じている人も多いですよね。
でも、ニキビ跡といっても色々種類があり、色素沈着を起こした程度なら自然と治ることもあります。
自然と治るといってもどうしても時間はかかりますから、その間は、なんとかニキビ跡を隠したいと思いますよね。
このページでは、そんな時に役立つメイク術をご紹介します。
メイクのテクニックを磨けば自然にニキビ跡を隠すことができます。
毎日メイクで隠そうとしているけど上手く隠せないという人は、今のメイク方法を見直してみましょう。
効果的なメイク術を身につけることで、ニキビ跡が治るまでの間もニキビ跡に悩まされなくなりますよ。

1-1.間違った隠し方でニキビ跡が悪化することも

メイクでニキビ跡が隠せるといっても、正しい手段を身につけないと、ニキビ跡が悪化してしまう可能性もあります。
化粧品によっては肌に合わないものもありますし、隠し方によっては肌に負担をかけてしまうことも。
そのような化粧品やメイク方法では、肌のターンオーバーが妨げられ、気になっていたニキビ跡をさらに悪化させてしまう原因にもなってしまいます。
そんなことにならないためにも、正しい手段を身につけることが大切なのです。
ニキビ跡が治るまでにはある程度の時間が必要ですから、肌に負担をかけないメイクでしっかりとニキビ跡を隠していきましょう。

1-2.ニキビ跡が治るまでに必要な期間

いつまで隠していたらいいのか、いつになったらニキビ跡が薄くなるのかと不安になってしまいますよね。
どのくらいメイクで隠していればいいのか目安を知りたいという人もいるのではないでしょうか。
ニキビ跡が治るまでの目安となるのがターンオーバーの期間です。
ターンオーバーとは肌が新しい細胞に生まれ変わるサイクルのことで、通常28日程度かかると言われています。
年齢によって違いがありますが、20代なら28日間と考えておいて問題はありません。
ターンオーバーを妨げるメイクをしているとさらに遅れることも考えられるので、肌に優しいメイクをしていくことが大切です。


2.ニキビ跡を隠すメイク用品の選び方

メイク用品としてはファンデーションをはじめ、コンシーラーやコントロールカラーなどの化粧下地を用意します。
必要なメイク道具を揃えることもニキビ跡隠しにはとても重要です。
道具が揃わなければ、上手く隠すことができません。
今後またニキビ跡ができた時のことも考えて、必要なメイク用品は買い揃えておきましょう。
これらのメイク用品はただ買い揃えればいいというものではありません。
自分に合ったメイク用品を選ぶことも大切ですし、その使い方も重要なポイントとなります。
自分の肌に合ったメイク用品を選び、その使い方もしっかりとマスターしましょう。

2-1.ファンデーションとコンシーラーを有効活用した隠し方

ニキビ跡が気になる人はカバー力の高いファンデーションを選びがちですが、カバー力の高いものほど肌への負担は大きくなると考えておきましょう。
できるだけ肌への負担は減らしたいので、パウダーファンデーションを使う時には、スポンジではなくブラシやパフを活用しましょう。
また、ニキビ跡ケアでは肌への負担が少ないファンデーションを選ぶことも大切です。
ファンデで隠れるようなら問題ないのですが、それだけでは上手く隠せないようなニキビ跡ではコンシーラーを使いましょう。
コンシーラーではスティックタイプが便利です。
スティックタイプはカバー力が高いので、しっかりとニキビ跡を隠すことができます。

2-2.コントロールカラーの色やハイライトカラーなど化粧下地選びが重要

ファンデーションを薄く塗るとニキビ跡が上手く隠せない、自然にニキビ跡を隠したいという人は、化粧下地などのベースメイクにも注目しましょう。
ファンデーションだけで隠そうとすると、どうしてもカバー力の高いものを選んでしまい肌に負担をかけたり、不自然なほどの厚塗りになってしまうことがあります。
化粧下地をしっかりとしていれば、ファンデーションで隠そうとしなくても、ニキビ跡が気にならない状態にすることは可能です。
化粧下地にはコントロールカラーやハイライトカラーなどの化粧下地もあり、これらを活用することにより、ニキビ跡を上手く隠すことができます。

2-3.ニキビ跡を目立たなくするおすすめはリキッドファンデーション

気になる男性と一緒に遊びに行ったり、飲み会などに行くときなど、今日だけはしっかりとニキビ跡を隠したいという時もありますよね。
そんな時におすすめなのがリキッドタイプのファンデーションです。
リキッドタイプのファンデーションはカバー力も高く、ニキビ跡だけでなく気になる肌トラブルをしっかりとカバーしてくれます。
ニキビができやすい脂性の人にとっては多少べたつくかもしれませんが、液状なので肌にしっかりと浸透し、フィット感やカバー力は抜群です。
ここぞという時にはリキッドタイプを上手く活用してみてはいかがでしょうか。


3.ニキビ跡を隠すメイク術

ニキビ 隠す

ニキビ跡をきれいに隠すには、ニキビ跡のタイプに合ったメイクの仕方をすることが重要です。
ニキビ跡の赤みや色素沈着は、化粧品の色の選び方次第で目立たなくすることができます。
また、凸凹としたクレータータイプのニキビ跡を隠すためには、下地作りがポイントとなります。
さらに、ブラシの使い方にもポイントがあります。
ここからは、ニキビ跡を上手に隠すこれらのテクニックについて詳しく解説していきます。

3-1. 赤いニキビ跡を隠すメイク方法

赤みのあるニキビ跡にはグリーン系のコントロールカラーを使う方法が一般的です。
グリーンには赤みを薄くする効果があるので、赤みのあるニキビ跡には最適なカラーです。
しかし、このグリーンを使っても上手く隠せないという人も意外に多いようです。
そんな人はイエローカラーを使ってみましょう。
自分の肌色やニキビ跡の症状に合ったカラーを上手く使うことも、このニキビ跡のメイク術のコツです。

3-2. 色素沈着・シミタイプのニキビ跡を隠すメイク方法

色素沈着したニキビ跡は茶色や黒色になっていて、メイクで隠すことが難しいですよね。
このようなお悩みをお持ちの方は、隠したい部分に自分の肌色より少し暗めのコンシーラーを使うことをおすすめします。
また、黄色のコントロールカラーも色素沈着を目立たなくしてくれる効果があるので、おすすめです。
頬にニキビ跡がある方は、チークを重ねることで自然に隠せる場合もあるので、試してみましょう。

3-3. 凸凹のニキビ跡を隠すメイク方法

クレーター状の凸凹としたニキビ跡は、隠そうとしてもなかなか隠れず、お困りの方も多いようです。
凸凹部分を隠すためには、まず化粧をする前に保湿ケアをしっかりと行うことが重要です。
保湿をするとしないとでは、メイクのノリやモチがずいぶん変わってきますので、化粧水や乳液、クリームを使ってしっかりとケアしましょう。
また、下地選びも大切なポイントです。
化粧下地は使わないという方もいますが、ファンデーションだけで凸凹を完璧に隠すことは難しいものです。
クレーター部分をフラットに見せるには、毛穴の凸凹を埋めることができるタイプの下地が有効ですので、試してみましょう。
下地がしっかりとできたら、あとはファンデーションやコンシーラーで軽くカバーすれば、OKです。

3-4.コンシーラーのブラシは肌と平行に!

コンシーラーはニキビ跡隠しには重要なアイテムで、ニキビ跡を隠したいという人にとって欠かせない存在ともいえます。
ただ、このコンシーラーを上手く使えないという人も多いのでは?
スティックタイプならピンポイントで塗ることも可能ですが、上手く使いこなすにはコンシーラーブラシを使うことをオススメします。
ブラシを使うことで余計な力が入らず上手く塗ることができますよ。
ブラシを使う時の注意点が、肌と平行にブラシを持つということです。
気になる部分を塗るので、どうしても肌に対してブラシを垂直に持ってしまいますが、平行に持つことで上手く塗ることができます。

3-5.ニキビを悪化させないファンデーションとは

ニキビ跡を隠すためのメイク術もとても重要ですが、隠すことばかりに目を奪われていると、いつまでたってもニキビ跡が治りません。
ニキビ跡を悪化させることなく、上手く隠すためには肌への負担が少ないメイク用品を選ぶことが大切。
パウダーファンデーションには、プレストタイプ(固形状タイプ)とルースタイプ(粉状タイプ)がありますが、ニキビ肌の方にはルースタイプをおすすめします。
特にミネラルファンデーションは、肌に優しいため、ニキビ肌の方に適していると言えます。
また、ミネラルファンデーションは、石鹸で落とすことが可能なため、クレンジングによる刺激も避けることができます。
肌に負担をかけることは、ターンオーバーを乱す原因となり、ニキビ跡を治りにくくする原因ともなります。
ニキビ跡を隠したために、そのニキビ跡をさらに悪化させるのは避けたいものですよね。

3-6.ニキビ肌のメイクには日焼け止めも重要

「ニキビ跡がある肌に、日焼け止めを塗っていいの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、紫外線はニキビ跡を悪化させる可能性があるので、UVケアはしっかりとすることをおすすめします。
日焼け止め効果が高い化粧下地やファンデーションを使っている場合は、新たに日焼け止めを使用する必要はありませんが、UVカット機能がない化粧品を使っている場合は、日焼け止めも併用されることをおすすめします。
選ぶ際は、紫外線吸収剤やアルコール、香料、着色料など肌の刺激となりうる物質が含まれていないか確かめてから購入しましょう。
また、日焼け止め自体にニキビ跡を目立たなくしてくれるカバー機能がついているものもあるので、男性の方や普段メイクをしないという方はこういったアイテムも活用してみるといいでしょう。


4. ニキビ跡隠しにおすすめのファンデーションやコンシーラーは?

ニキビ跡を隠すためには、メイク用品の選び方が大切だということは、お分かりいただけたと思いますが、実際にニキビ跡を隠すにはどんなアイテムが有効なのかというところが気になりますよね。
次は、口コミでも人気のファンデーションやコンシーラーをご紹介します。

ニキビ 隠す


【肌への優しさ重視で選ぶならコレ】

ファンデーション

オンリーミネラル(ONLY MINERALS) ファンデーション

ミネラルファンデーションの中でも知名度が高いオンリーミネラル。
肌に優しく、薄づきなのに、しっかり美肌を作ってくれる便利なアイテムです。

エトヴォス(ETVOS) マットスムースミネラルファンデーション

程よいセミマット肌に仕上げてくれるエトヴォスのマットスムースミネラルファンデーション。
保湿力が高く、乾燥肌の方にも人気です。

ヴァントルテ(VINTORTE) ミネラルシルクパウダーファンデーション

シルクの力で美しい肌を作ってくれる人気アイテム。
天然ミネラル100%で作られているため、肌への負担が少ないという点が魅力です。



コンシーラー

ミュラド アクネトリートメントコンシーラー

長時間、気になるニキビ跡を隠してくれるニキビ跡専用のコンシーラー。
皮脂を吸収する成分も配合されているため、テカりが出やすい脂性肌の方には特におすすめです。

オルビス アクネスポッツコンシーラー

ニキビ跡をカバーしながらケアしてくれるコンシーラー。
オイルフリーなうえ、新たなニキビができにくい成分でできている製品なので、ニキビ肌の方でも安心して使用できます。


DHC薬用 アクネケア コンシーラー

ニキビ跡やお肌の色ムラをカバーしてくれる薬用コンシーラー。
少量でもよくのび、ナチュラルに気になる部分を隠してくれます。




【プチプラで優秀なコスメはコレ】

ファンデーション

セザンヌUVファンデーション EXプラス EX2

荒れがちなお肌もしっかりカバーしてくれる人気のファンデーション。
スーパーヒアルロン酸が配合されており、時間が経ってもしっとりとした肌をキープすることができます。


資生堂 スポッツカバーファウンデーション

プチプラなのにカバー力が高いファンデーション。
傷跡やあざなども隠すことができ、しっかり隠したい人におすすめです。



インテグレート ミネラルファンデーション (ルース)

肌に負担をかけず、なめらかな肌に仕上げてくれるミネラルファンデーション。
ニキビになりにくい成分でできているため、ニキビを繰り返してしまう方にも適しています。



コンシーラー

キャンメイク スタンプカバーコンシーラー

気になるニキビ跡にポンポンとスタンプするだけで簡単にカバーしてくれる便利なコンシーラー。
ピンポイントで隠したいという方におすすめのアイテムです。



メイベリンニューヨーク スーパーミネラルコンシーラーロングキープ

伸びが良く、長時間付けていてもヨレない!と人気のコンシーラー。
口コミでも「ニキビ跡をしっかり隠せる!」と嬉しい声が挙がっています。



ノブ コンシーラー

プチプラなのに肌への優しさも◎なノブのコンシーラー。
敏感肌・トラブル肌にも対応しています。


NOVのスキンケアコスメについて詳しく見る

【カバー力で選ぶならコレ】

ファンデーション

レブロン カラーステイメイクアップ

長時間崩れず、しっとりとした美肌をキープさせてくれるレブロンのリキッドファンデーション。
ニキビのもととなる皮脂を抑える効果もあるので、一石二鳥です。



マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

美容成分が62%も配合されているリキッドタイプのファンデーション。
カバー力が高く、ニキビ跡だけでなく、シミやしわもしっかり隠してくれる優秀アイテムです。



ディセンシア アヤナス AS BBクリーム

光を拡散させることで、色ムラのない美肌に見せてくれるBBクリーム。
これ1本で薄化粧が完成するので、時短メイクでニキビ跡を隠したいという方におすすめです。

コンシーラー

カバーマーク ブライトアップファンデーション

気になる部分をナチュラルに隠してくれるスティックタイプのコンシーラー。
保湿成分が配合されているため、時間が経ってもヨレずにしっとりとカバーし続けてくれます。



NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

ひと塗りでささっと気になる部分を隠すことができるクリームタイプのコンシーラー。
伸びがよく広範囲のカバーにも適しています。



イプサ クリエイティブコンシーラー

3色セットで自分に合った色味を作ることができるコンシーラー。
しっとりとしていてなめらかなテクスチャーが特徴です。



5.すっぴんでもニキビ跡を隠したい!という時は?

ニキビ 隠す

すっぴんでもニキビ跡を隠したい!という時もありますよね。
例えば、お友達や恋人とお泊りをする時、ずっとメイクをしたままでいるのも変だけど、すっぴん肌には自信が持てないし・・・と困ってしまいますよね。
そんな時は気になる部分だけコンシーラーで隠してみましょう。
ただし、コンシーラーを長時間付けたままでいると肌によくないので、できるだけ負担がかからないよう天然成分のものやミネラルタイプのコンシーラーを使いましょう。
それでもまだ気になってしまうという場合は、同じく肌に優しい成分のファンデーションで軽くカバーするのもいいでしょう。

おすすめアイテム

24hコスメ コンシーラーUV



6.デコルテや背中のニキビ跡を隠す方法は?

ドレスや水着を着たいという時は、デコルテや背中のニキビ跡も気になってしまいますよね。
そんな時には、ボディ用のファンデーションがおすすめです。
特にウォータープルーフタイプのものは、水に強く、色移りもしないため、様々なシーンで活躍してくれます。
ニキビを早く治したいなら常用はおすすめできませんが、ここぞという時のお助けアイテムとして1つ持っておくと心強いと思います。

おすすめアイテム

ダーマカラー カモフラージュボディーカバー



7.ニキビ跡を隠せるテープって何?

色が濃いニキビ跡や凸凹としたニキビ跡がどうしてもメイクだけでは隠れないという場合は、ニキビ跡を隠せるテープを使うという手段もあります。
ニキビやニキビ跡の上からでも、肌に負担をかけずに貼ることができ、テープの上からメイクをすることも可能です。
メイクだけでは仕上がりに満足できないという方は、使ってみるのもいいのではないでしょうか。

おすすめアイテム

メディカルフロント 貼るコスメカバーテープ



8.男性はどうやってニキビ跡を隠せばいいの?

男性は、メイクになじみがなく、どうやってニキビ跡を隠せばいいか悩んでしまいますよね。
しかし、男性も「男だからメイクはできない…」と決めつける必要はありません。
女性用のファンデーションを買うことに抵抗があるという方は、まずはメンズ用の化粧品から試してみるといいでしょう。(ただし、やはりバリエーションは女性用の化粧品の方が圧倒的に多いので、可能であれば女性用の化粧品の使用も検討されることをおすすめします。
購入の際のポイントとしては、自分の肌の色に合ったものを選ぶこと。
自分の肌の色と同じ、もしくは少し暗めのカラーのものを探しましょう。
化粧品はどうしても気が進まないという方は、肌色タイプの日焼け止めを使ってみるといいでしょう。

おすすめアイテム

メンズアクネバリア 薬用コンシーラー



ロート メンソレータムアクネス薬用UVティントミルク

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング