ニキビ跡用薬と化粧品の使い方

*

ニキビ跡用薬と化粧品の正しい使い方

スキンケア ニキビ跡用の薬と化粧品の2種類を上手に使うことで、
ニキビ跡を消し、ニキビのできにくい健康な肌を作ることができます。
ニキビ跡対策では、ケア方法を間違ってしまうと、いくら有効成分が入っている薬やコスメを使っていても効果が望めないのです。
ケアしていることに満足して、効き目が無ければ意味がありません!
正しいケア方法を知って、効果的なケアを行いましょう。

1. ニキビ跡用の市販薬で人気がある商品

ニキビ跡を治すことを目的としている市販薬は、現在のところ販売されていません。
ニキビは炎症が起きている状態で、この状態なら効果的な薬もあるのですが、ニキビが治った後にできたニキビ跡では、肌サイクルの促進できる化粧品の方が有効でしょう。
肌サイクルを促進しニキビ跡にも効果的と言われ人気があるのが、ノンエーやリプロスキンです。
ノンエーは薬用石鹸で、弾力のある泡が特徴です。洗顔により肌を傷つけることがないので肌サイクルを整えるのに最適です。
リプロスキンは、固くなった肌を柔らかくする効果もあり、肌の状態を整えることでニキビ跡も治りやすくしてくれます。

1-1. ニキビ跡用の処方薬で有名なのはコレ!

ニキビ跡に効果的な処方薬の塗り薬としては、ハイドロキノンやトレチノイン、ケロコートなどがあります。
ニキビ跡には色素沈着によって目立ってしまっている場合もありますが、ハイドロキノンによって色素沈着を改善させることができます。
トレチノンは、肌のターンオーバーを促進させる作用がありニキビ跡を改善させます。
ケロコートは、盛り上がったニキビ跡に効果のある治療で、塗ることによりニキビ跡を圧迫させることでニキビ跡を改善させます。
皮膚科などの治療では飲み薬などもあり、ニキビ跡に有効な治療方法が色々あるので、本格的に治したいという方には皮膚科での治療がオススメです。

1-2. ニキビ跡用の薬はニキビにも効果がある?

病院で処方されるニキビ跡治療薬は、ニキビ跡に有効な薬であり、ニキビの症状に有効な薬とは言えません。
中には刺激の強い薬もあり、目的(ニキビ跡治療)以外での使用は避けるべきです。
しかし、市販されている石鹸や化粧水は、ニキビケアには有効です。
市販されているピーリング剤などはニキビ跡ケアには有効なのですが、ニキビケアとしては刺激が強すぎニキビを悪化させる可能性もあります。
しかし、ニキビ跡を改善させる石鹸や化粧水は肌に優しく、肌サイクルも正常に戻してくれるので、ニキビケアにも有効な方法と言えます。
ニキビ跡の治療は傷跡の治療であり、ニキビは炎症の治療となる為、根本的に治療目的の違いがあります。

2. 薬と化粧品の使い方-薬で治療しながら化粧水でケア

もしニキビができてしまった場合には、薬などで早めにケアをすることが大切です。
ニキビは肌の炎症なので、薬での治療が有効です。
ただ、ニキビ用の薬は肌に刺激が強く、負担をかけやすいことも考えられ、化粧水などを上手く利用してスキンケアをすることが、ニキビを早く治し、ニキビができにくい肌を作ることに繋がります。
ニキビの初期症状である白ニキビの状態で、薬を使ってケアをすれば、早くニキビを治すことができます。
そして、保湿効果の高い化粧水などを使用することにより、肌の状態も整えることが可能です。

2-1. 薬と化粧品を使う時のニキビケア手順

病院でニキビの薬を処方してもらった時に、薬の使用方法(手順)を聞くと、医師によって違うことを言う場合があります。
「化粧水の後に薬」「薬の後に化粧水」「薬のみを使う」等、医師によって意見はバラバラです。
ただ、薬を使う上で大切なのが、洗顔後ということです。
顔が汚れている状態で薬を使っても、効果あまり実感できません。
おすすめの手順は、洗顔後にニキビの薬を薄く塗り、その後に化粧水を使うことです。
洗顔後の肌は乾燥しやすく、薬を使うからといって化粧水も使わないというのは、ニキビ以外の部分が無防備な状態となってしまうので、スキンケアはしっかりと行いましょう。

2-2. クレーターニキビ跡は薬や化粧品でのケアで治りますか?

化粧品を使いクレーターとなったニキビ跡を確実に治すことは難しいです。
しかし、化粧品を使い、時間をかけてケアすることにより、クレーターニキビ跡を改善させていくことは可能です。
このケア方法はとても時間がかかる方法のため、気長にケアすることが大切です。
時間はかかりますが、肌への負担が少なく安全性の高いケア方法でもあり、ケアしているニキビ跡だけでなく肌全体の肌サイクルを正常に戻す効果も期待できます。
薬を使いニキビを早く治し、化粧品を使って肌サイクルを正常に戻すことは、ニキビ跡のケアには有効です。
美容皮膚科などでもクレーターニキビ跡を改善させる治療方法はありますが、肌に大きな負担と費用がかかります。
肌に負担をかけずケアをしたいという方は、化粧品を使ったケア方法から始めてみましょう。

3. ニキビ跡治療中の洗顔-洗顔料でしっかり洗っていいの?

ニキビ跡を薬で治したいという方にとって、洗顔はどの程度行えばいいのかという疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。
ニキビが出来ていても、洗顔は通常通りする必要があります。
ただ、ニキビ跡がない状態でも同じなのですが、強い刺激を与えるような洗顔は、肌サイクルの乱れにも繋がる洗顔方法です。
洗顔で大切なのは、しっかりと泡立て、手で洗うのではなく泡だけで洗うことです。
今まで、手の圧力によりしっかりと洗顔していた方にとって、物足りないと感じるかもしれませんが、泡だけで洗う方法でも毛穴の汚れは十分に落ち、肌にも優しい洗顔ができます。

ニキビケア用洗顔として有名なクレアラシルは、素手では泡立ちにくく、泡での洗顔には不向きと思われがちですが、そういった場合は泡立てネットを使うと、きめ細かい泡を作ることができます。

汚れを取り去った洗顔後には、薬を塗ることで、ニキビ跡に有効なケアが行えます。

4. ビタミン系の錠剤はニキビ跡に効果がありますか?

ニキビ跡を治すにはターンオーバーを正常に保つことが重要です。
ターンオーバーを正常に保つために、ビタミンは有効な栄養素です。その為、ビタミン系の錠剤は、ニキビ跡ケアをはじめ、美肌ケアに効果的です。
ビタミンはシミなどにも有効で、ニキビ跡の色素沈着改善に役立ちます。
スキンケアでは洗顔や美容液など、皮膚の外からケアすることが重要視されますが、体の中からのケアもとても大切なことです。
食生活の乱れや睡眠不足により、肌のサイクルが乱れる事もあります。
これは、肌の代謝に必要なホルモンや栄養が不足するためで、仕事などが忙しく食生活の乱れや睡眠不足が改善できないという方でも、ビタミン系の錠剤(チョコラBB、ハイチオールCなど)を利用することでニキビ跡に有効なケアをすることができます。

*
*

市販薬のメリットとデメリットって何?

手軽に買って試せる市販薬ですが、薬には副作用がつきもの。いざ使うとなると不安になりますよね。ニキビ跡用の市販薬についてメリットとデメリットを知り、正しくニキビ跡のケアをしましょう。

【メリット】
・化粧水などニキビケア用品に比べると効果が短期間で感じられる
・近くのスーパー・薬局などで手軽に購入できる
・値段が安い
・皮膚科で処方される薬に比べると副作用が少ないものが多い

【デメリット】
・あくまで対処法であり、根本的な改善にならない
・合わない場合、症状が悪化する恐れがある
・副作用の危険性がある

副作用が怖い人はコレ!ニキビケア化粧水のおすすめは?

薬を使ったら、ニキビ跡が改善するケースも多いですが、リスクもあるため使うのが怖いという方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ニキビ跡専用のケアコスメがおすすめです。まだ、使ったことがないという方は、薬を試す前にまずはリスクの少ない化粧品を試してみるといいでしょう。

1. リプロスキン

ニキビ・ニキビ跡にお悩みの多くの方に長年愛されているリプロスキン。ニキビを繰り返して固くなったお肌を柔らかく整え、有効成分を肌の奥まで浸透させてくれる導入型化粧水だから、「効果を実感しやすい!」と人気があります。様々な肌質・症状にも幅広く効果のあるアイテムなので、どのケア商品がいいかわからないという方にはぜひ試していただければと思います。

2.ビーグレン

ビーグレンは最先端の技術で、ニキビ肌を根本的に改善してくれる画期的なアイテム。
独自の技術、「キューソーム」はなんと髪の毛の1000分の1の大きさしかないカプセルに美容成分を入れることのできる最新テクノロジー。微小なカプセルが肌の奥の奥まで入り込み内側からケアしてくれるから、ニキビ跡が早く改善します。
ニキビ跡だけの専用セットと今あるニキビ用のトライアルセットがあるから、お悩みに合わせて集中ケアできるのも嬉しいですね。

3.ジッテプラス

タレントの手島優さんも愛用するジッテプラスは、ニキビ跡専用のケアアイテム。特に、背中ニキビにお悩みの方におすすめしたいケアコスメです。独自成分のアクシア-トリプルヒアルロン酸が弱ったお肌を徹底的に保湿し、健康的で美しい状態へと導いてくれます。プルプルのジェルで伸びもよく、べたべたしない使用感も人気の秘訣です。

症状別ニキビ跡化粧品の選び方は?

ニキビ跡のケア用品は、症状によって効果があるものが変わってきます。まずは、ご自身の症状がどれなのか理解し、その症状に合った化粧品を選びましょう。

赤いニキビ跡

赤いタイプのニキビ跡は、肌の炎症により傷ついた部分を治そうと毛細血管が集中している状態。
ニキビ跡のタイプの中では、1番軽い症状で、適切なセルフケアをすることで、改善が期待できます。
まず、しっかり保湿ケアをして、弱ったお肌のターンオーバー機能を正常化させる必要がありますので、ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンといった保湿に特化した化粧品を選びましょう。

・紫色・茶色のニキビ跡

紫色のニキビ跡は、炎症によって肌の奥で内出血を起こしている状態です
これが紫外線を浴びて悪化すると茶色に色が変わり、しみのような状態になります。このような方には、メラニン色素に働きかけるハイドロキノンやトラネサム酸、プラセンタエキスなど色素沈着を抑える成分の含まれたものがおすすめです。

クレータータイプのニキビ跡

クレータータイプのニキビ跡は、お肌の奥に本来あるべきコラーゲン組織が壊れた状態。通常、壊れたコラーゲンは自然に回復しますが、お肌の奥の真皮層まで炎症が進むと、再生が難しくなってしまいます。
このような方は、コラーゲンやセラミドで水分を蓄えられるお肌になるよう基礎から整える必要がありますので、購入する際は成分を確認してみてください。

ニキビの種類とニキビ跡の関係は?

ニキビの時点で痛みが少ない場合やほとんどないときは、赤いニキビ跡となって、自然に薄くなっていきます。
ただし、痛みのないニキビも悪化すると紫のニキビ跡の原因になることも。さらに紫外線を浴びてしまうと茶色に変わってしまいます。

また、ニキビができたときに強い痛みがある場合は凸凹のニキビ跡が残りやすくなってしまいます。無理に潰そうとしたり触ってしまったりすると余計にニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

刺激を与えないように気をつけ、洗顔や紫外線対策などなるべく悪化させない心がけをしましょう。

ニキビ跡のケアには美容液や乳液も大切!

ニキビ跡ケアには保湿が必須になりますので、薬を使う場合も化粧水だけでなく、美容液や乳液もしっかり使ったケアが必要になります。
美容液は肌の奥まで成分を浸透させる働きをし、乳液は化粧水の水分を閉じ込めて保持し、蒸発させないようにする役割を持つため合わせて使うことで、保湿力を高めることができるのです。

こんな化粧水はNG!ニキビ跡によくない成分は?

肌のケアをするための化粧水も選び方を間違えると、かえってお肌にダメージを与えてしまうこともあります。
特に、ニキビ肌の方は肌が弱っている状態なので、以下の点に特に注意して化水を選びましょう

・無添加のものを選ぶ

添加物が多い化粧水を使用すると、肌のバリア機能が低下し、ニキビやニキビ跡を悪化させてしまう可能性があります。ですから界面活性剤や香料、着色剤などが含まれているものには注意しましょう。
特に「ラウレス」「ラウリル」「硫酸」が付いた名前の成分は界面活性剤ですので、わかりづらいですが、注意して見てみましょう。

ピーリング効果の強い化粧品

肌の角質を溶かして、ターンオーバーを正常化させるピーリング系の化粧水は、「効果がありそう!」というイメージがあり人気がありますが、肌質によっては大きなダメージを与えてしまうこともあるので注意しましょう。
脂性肌で角質の詰まりが気になるという方には効果が期待できますが、乾燥肌・敏感肌の方には刺激が強くあまりおすすめできません。

アルコール成分が含まれた化粧品

アルコール成分が含まれている化粧品は塗った時の使用感はいいのですが、お肌を乾燥させてしまう可能性があるので注意してください。特にエチルアルコール、エタノールという成分は避けるように心がけましょう。

症状別ニキビ跡に効く5つの薬!ニキビ薬の種類を解説

皮膚科でニキビ跡の治療に用いられる薬には大きく分けて5種類あります。

1. 抗生物質

ニキビの原因となっているアクネ菌の繁殖を防ぐ作用があり、ニキビ跡の赤みに効果があります。飲み薬や塗り薬などタイプは様々で、即効性に優れています。ただし、長期間使用すると効き目がなくなるため、短期的に使用することが一般的です。また、あくまで対処療法であり、根本解決にはならないため食事や生活習慣なども合わせて改善していく必要があります。

【抗生物質タイプのニキビ跡薬】
・ダラシンT
・アクアチム
など

2. 抗炎症剤

抗炎症剤はすでにできてしまっている炎症を抑えるための薬。ニキビ跡が腫れているという方におすすめです。こちらも長く使うと副作用が出やすいため、注意が必要です。

【抗炎症剤タイプのニキビ跡薬】
・ブルフェン
・イブプロフェンピコノール
など

3. ビタミン剤

ビタミン剤は、皮膚組織の回復に効果があり、ニキビのシミにお悩みの人に有効です。皮膚科で出されるものは市販のビタミン剤に比べると吸収率がよく、即効性があります。

【ビタミン剤タイプのニキビ跡薬】
・シナール
・ハイチオール
など

4. 局所用抗ニキビ製剤

茶色に変色してしまったニキビ跡に効果的なのが、局所用抗ニキビ製剤。角質を除去し、することでニキビ跡を改善してくれます。ただ、肌への負担はかかりやすいため、肌が弱い方には向いていません。使用する際は医師としっかり相談するようにしましょう。

【ビタミン剤タイプのニキビ跡薬】
・ディフェリンゲル
など

5.美白剤(ハイドロキノン)

美白剤(ハイドロキノン)はシミとなってしまったニキビ跡のメラニン色素の色を白くすることで薄くしていくというもの。こちらも茶色のシミにお悩みの方に向いています。

【美白剤(ハイドロキノン)タイプのニキビ跡薬】
・ハイドロキノン軟膏
など

薬で対処できるニキビ跡とできないニキビ跡は?

薬で治すことができるニキビ跡は赤いタイプのもの、紫のもの、茶色いものに限られており、凸凹タイプのニキビ跡は治しにくいと言われています。

凸凹のニキビ跡には、レーザーやコラーゲン注射など特別な治療が必要になることが多いようです。

ニキビ跡を完全に消す方法ってあるの??美容外科や皮膚科でニキビ跡を治せる?

ニキビ跡が治るか治らないかは体質や肌質、ニキビ跡の状態にもよりますが、最近では、皮膚科や美容外科での専門的な技術も進んでいますので、自宅ケアで効果を得られない方や、完全に消したいという方は早めに専門機関に相談することをおすすめします。

特にクレータータイプのニキビ跡は生活習慣の改善や薬だけではなかなか改善しないため、皮膚科や美容外科での治療を検討される方も多くいらっしゃいます。

現在、皮膚科や美容外科でははレーザー治療が主流となっていますが、ヒアルロン酸注入やPRP注入(自分の血液の血小板を肌に注射するもの)、フォトフェイシャル、熱エネルギーを使ったコラーゲン生成治療、皮膚移植など様々なものがあります。

ニキビ跡を隠す対処法は?

ニキビ跡は肌の奥で炎症が起こっている状態で、ニキビのように少しの刺激で急激に悪化するということはほとんどありませんので、ニキビ跡が恥ずかしくて外出できないという方は、肌に優しい化粧品を選んで隠してみるのもいいと思います。

下地はクリームタイプのものを選ぼう

ニキビ跡を隠す上で下地選びは非常に重要です。さらっとした乳液タイプの物や化粧水のようなテクスチャーのものもありますが、ニキビ跡を隠すためにはクリームタイプで保湿効果の高いものを選びましょう。

コントロールカラーを活用しよう

最近ではコントロールカラーといって下地に色のついたものもあります。
赤みに悩んでいる方はグーリン、茶色いシミに悩んでいる方はオレンジ、肌全体がニキビ跡でくすんでいる方はパープルの使用をおすすめします。

自分に合ったコンシーラーを選ぼう

コンシーラーにも様々なものがありますが、ピンポイントでニキビ跡を隠したい方は、スティックタイプ、広範囲のニキビ跡にお悩みの方はリキッドタイプを使用しましょう。一度にたくさんつけるよりは、少量ずつ重ね塗りする方がモチもよく、自然に隠れますので試してみてください。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング