ニキビ跡 紫

*

紫ニキビ跡を消す方法-原因や予防法も併せてご紹介!

ニキビ跡 紫

「ニキビが治ったら紫色の跡が残ってしまった」
「ちゃんとケアをしているのに紫のニキビ跡が全然消えない」

このような悩みをお持ちの方が増えています。

ニキビが治った後に残る「紫ニキビ跡」は色素沈着が原因です。

ニキビ跡の症状に「茶色いシミの様な色素沈着」がありますが、色素沈着が起こる原因が異なるため、同じケアでは改善できません。
しかし、それを知らずに間違ったケアをすることにより、ニキビ跡が消えないと悩む方が非常に多いのです。

以上のことから、紫ニキビ跡は症状に合った正しいスキンケアを行うことで改善が可能です。

このページでは、紫ニキビ跡の正しいケア方法や治るまでの期間をご紹介します。

さらに、紫ニキビ跡が治るまで目立たせなくするメイク術や、悪化させない予防法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。


紫ニキビ跡が改善しないのは間違ったケア方法が原因かも

紫ニキビ跡とは、ニキビを放置してしまうことにより、色が沈着してシミのようになってしまうニキビ跡です。

茶色ニキビ跡も同じように色が沈着してできるため、どちらも色素沈着タイプのニキビ跡に分類されますが、原因となる色素が異なります。

紫色のニキビ跡はヘモグロビン、茶色のニキビ跡はメラニンが原因でできるため、同じ色素沈着タイプでも肌に残る色が違ってくるのです。

そして、原因となる色素が違えばニキビ跡ができるまでの流れも違ってくるため、紫ニキビ跡に茶色ニキビ跡のケア方法を行っても効果が出にくというわけです。

では、紫ニキビ跡はどのようにしてできるのでしょうか?
茶色ニキビ跡と比較しながら詳しく見ていきましょう。

茶色ニキビ跡については、以下のページでも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。



紫に見えるのは血液中のヘモグロビンが原因!

色素沈着タイプのニキビ跡
症状 紫色のニキビ跡 茶色のニキビ跡
原因となる色素 ヘモグロビン メラニン
色素が沈着する原因 ニキビの炎症の悪化
特徴的な原因 ニキビ跡周辺の血行が悪い 紫外線への対策不足

色素沈着タイプのニキビ跡は、ニキビの炎症(赤み)を放置することで悪化し、毛細血管が破壊されて内出血することから始まります。

茶色ニキビ跡の場合は、炎症が悪化したニキビ周辺の肌を守ろうと生成されるメラニンがうまく排出されず、メラニン色素が沈着することが原因です。

一方紫ニキビ跡は、内出血した部分の血行が悪いために血液が皮膚組織に染み込み、血液中にあるヘモグロビン(タンパク質)の色素が沈着することが原因になります。

このように、紫ニキビ跡はヘモグロビンが原因でできてしまう症状のため、色素沈着タイプのニキビ跡共通の原因である「ニキビの炎症の悪化」を防ぐ対策に加え、紫ニキビ跡ならではの原因である「血行が悪い状態」を改善する必要があります。


紫ニキビ跡改善には時間がかかる

紫ニキビ跡を治すためには、

  • ニキビの炎症の悪化
  • ニキビ跡周辺の血行が悪い状態

を改善しなければなりません。

これはどちらも基礎となる肌の環境が悪いために起こる症状なので、対症療法では根本的な解決とはならず、時間をかけてスキンケアを行い肌環境を改善していく必要があります。

そのため、紫ニキビ跡を治すには地道に肌環境を改善するスキンケアを続けなければなりません。

また、ニキビの炎症を放置してできる色素沈着タイプのニキビ跡は、かなり症状が進行している状態であるといえるため、紫ニキビ跡を治すためには最低でも1年はかかると考えてください。

症状の状態や個人差によっては2~3年かかることもあるため、途中であきらめてしまう方も多いようです。

しかし、紫ニキビ跡はケアを続けていれば必ず改善されるので、あきらめずに根気強くケアを続けましょう。


紫ニキビ跡ケアで大切な2つのポイント

ニキビ跡 紫

根気強くケアを続けることが重要ですが、上記でも説明した通り、ただやみくもにケアをしていても意味がありません。

ここからは、紫ニキビ跡のケアをする際に大切なポイントをご紹介しますので参考にしてください。

紫ニキビ跡は、「ニキビの炎症の悪化」「ニキビ跡周辺の血行が悪い状態」を改善する必要があり、具体的なポイントは以下の2つです。


  1. 効果的な化粧品で代謝を促す
  2. マッサージで血行を良くする

これらを意識しながらスキンケアを行いましょう。


1.効果的な化粧品で代謝を促す

肌が乾燥していたり肌にビタミンCが足りていないと、ターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常に行われなくなります。

ターンオーバーが正常に行われていないと、ニキビ(アクネ菌)のエサとなる角質が肌からうまく排出されなくなり、それを栄養としてアクネ菌が増殖してしまうためニキビが悪化してしまうのです。

そのため、「保湿成分」と「ビタミンC」が配合されている化粧品を使い、ターンオーバーを正常に促すことが大切です。


2.マッサージで血行を良くする

上でも説明した通り、「ニキビ跡周辺の血行が悪いこと」が紫ニキビ跡の特徴的な原因です。

そのため、スキンケアと一緒に軽くマッサージをするようにしましょう。
患部を触るとバイ菌が入るおそれがあるため、患部の周りを揉みほぐすようにゆっくりとマッサージします。

また、血行が悪いということは、血の巡りが悪く肌の柔軟性が足りていないということでもあります。
肌に柔軟性がないと、いくら有効な成分をなじませても奥にまで浸透しないので、肌環境が良くなるまでは浸透力のある化粧品を使うのも効果的です。


紫ニキビ跡ケアにおすすめの化粧品3選

紫ニキビ跡ケアで大切なポイントをふまえて、紫ニキビ跡に効果的な化粧品を選ぶ必要があります。

もう一度まとめると

  • ターンオーバーの乱れを改善できるもの
  • 保湿ができるもの
  • ビタミンCが配合されているもの
  • 血行を良くするための浸透力があるもの

となります。

今回は、紫ニキビ跡への効果が高く自信を持っておすすめできる化粧品3つをご紹介します。
どの商品も手軽で毎日使い続けやすく、リピーターの多い人気の化粧品なのでぜひ試してみてくださいね。


ビーグレン ニキビ跡ケア

ビーグレン ニキビ跡ケア

ビーグレンの独自技術である「QuSome(キューソーム)」により、有効成分を肌の奥にまで浸透させることができます。

また、ニキビ跡に特化した7日間のトライアルセットがあり、365日という長期間の返金保証があるため、自分の肌に合うか不安な方でも手軽に始められます。

リピート率が98%と満足度も高いため、今まで色んな化粧品で効果を実感できなかった方も、一度ビーグレンの化粧品を使ってみてはいかかでしょうか?


ビーグレンについて詳しく見る ビーグレン公式サイトはこちら



リプロスキン

リプロスキン

リプロスキンは、導入型柔軟化粧水としてモニター満足度92%を誇る化粧品です。

古くなった角質などがたまって硬くなってしまったお肌を、導入型柔軟化粧水で柔らかくし、美容成分がスッと入り込んでいく状態にしていくのが特徴です。

また、洗顔後のメイク前とメイクを落とした後のスキンケアとして一番最初に利用すると、1日たった2回のケアOKのため、長期間利用することになる紫ニキビ跡には特におすすめできる化粧品です。


リプロスキンについて詳しく見る リプロスキン公式サイトはこちら



ジッテプラス

ジッテプラス

ジッテプラスは、元々は顔よりも分厚い皮膚の背中ニキビを改善するために開発されたジェル状の化粧品です。

独自成分のアクシア-トリプルヒアルロン酸で肌の奥に保湿成分を浸透し、長時間持続させることに特化しているため、肌の乾燥が気になる方にはおすすめです。

また、様々なメディアでも紹介され、テレビで活躍するモデルにも多数愛用されている話題の化粧品です。


ジッテプラスについて詳しく見る ジッテプラス公式サイトはこちら



紫ニキビ跡ケアにはビーグレン ニキビ跡ケアがおすすめ

ビーグレン ニキビ跡ケアは、紫ニキビ跡のケアに大切なポイントをしっかり抑えている化粧品のため特におすすめです。

トライアルセットに入っている以下の4つの商品で、紫ニキビ跡のないきれいな肌をつくります。


ビーグレン「ニキビ跡ケアプログラム」

商品名 用途 特徴
クレイウォッシュ 洗顔料 超微粒子(ナノサイズ)の天然クレイ「モンモリロナイト」を採用した洗顔料。肌の汚れや古い角質を磁石のように引き寄せて落とす「吸着洗顔」で、大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残して洗い上げます。
QuSome
ローション
化粧水 角層のコンディションを整え、すみずみまで浸透。肌のうるおいを長時間にわたって維持することで、柔らかい肌触りを実現。ニキビ跡のダメージが残りにくい肌へ導きます。
Cセラム 美容液 即効性を発揮するピュアビタミンCを高濃度(7.5%)で配合しています。安定的に肌のすみずみまで浸透し、トラブルの連鎖をブロックします。ニキビ跡が気にならない透明感のある肌に整えます。
QuSome
モイスチャーリッチクリーム
クリーム 独自の浸透テクノロジーQuSomeによって、安定的に肌のすみずみまで浸透し、ニキビ跡で減少したコラーゲンをサポートします。押し返すようなハリと弾力を引き出すことで、ゴワつきの気にならないなめらかな肌に導きます。

紫ニキビ跡で悩んでいる方は、まずはビーグレン ニキビ跡ケアを試してみるとよいでしょう。

また、ビーグレンのトライアルセットには365日の返金保証があるので、効果が出るまで時間がかかる紫ニキビ跡にはうってつけの化粧品だと言えます。


ビーグレンについて詳しく見る ビーグレン公式サイトはこちら



紫ニキビ跡は根気強いケアで改善できる!(まとめ)

ここまで、紫ニキビ跡の原因と効果的なケア方法についてご紹介してきました。

紫ニキビ跡は、茶色ニキビ跡と同じ色素沈着タイプのニキビ跡ですが、原因となる色素が違います。

ニキビ跡周辺の血行が悪いのが原因で血液中のヘモグロビンが留まり、その色素が沈着することで紫ニキビ跡ができるので、「ニキビの炎症の悪化」を防ぐ対策に加え、紫ニキビ跡ならではの原因である「血行が悪い状態」を改善する必要があります。

そして、「保湿・ビタミンCの成分が含まれている化粧品で代謝を促す」、「マッサージで血行を良くする」ことが効果的なケア方法ですが、治るまでに最低1年はかかると考えておきましょう。

自分に合った化粧品を使い、正しいケア方法を根気強く続けることで必ず治すことができるので、あきらめずにケアを続けることが紫ニキビ跡を治す秘訣です。

この記事を読んで、紫ニキビ跡の悩みを解決された方が1人でも多くなることを願っています。


ニキビ跡を悪化させないために注意すること

ニキビ跡 紫

紫ニキビ跡を完全に治すためには長期間ケアを続ける必要があるため、紫ニキビ跡の改善と同時にニキビ跡をこれ以上悪化させないことも重要です。

焦らずじっくりと対策していきましょう。


正しいスキンケアを続けること

これまでお伝えしてきた通り、紫ニキビ跡ケアで大切な2つのポイントを抑えながら正しいスキンケアを毎日するように心がけましょう。

改善には時間がかかりますが、途中で辞めてしまわないことが紫ニキビ跡を治すための鍵となります。


紫外線対策を万全に!

紫ニキビ跡と茶色ニキビ跡ができる部分はどちらも同じです。

そのため、紫ニキビ跡の対策は万全にしていても、茶色ニキビ跡への対策を怠っていると、その部分に茶色ニキビ跡ができてしまいます。

現在紫ニキビ跡ができている方は、紫ニキビ跡のケアと同時に茶色ニキビ跡の予防もするように心がけましょう。

茶色ニキビ跡ができる特徴的な原因は「紫外線によるメラニンの増加」なので、外出時の紫外線対策は徹底することが大切です。
紫外線は夏だけでなく1日中降り注いでいるので、冬や夜にもUVカットを忘れずにしましょう。


頑固なニキビ跡を上手に隠す方法

紫ニキビ跡が完全に治るまでには時間がかかります。
でも、治るまでの間もできるだけ肌をきれいに見せたいですよね。

コンシーラーなど化粧をうまくすることで、ニキビ跡を目立たせなくできます。

具体的な方法や化粧品選びについては以下のページで詳しくご紹介しているので、ぜひお試しください。



紫になったニキビ跡ってどんな状態?原因は何?

ニキビ跡には、赤みのあるタイプ、茶色に色素沈着したタイプ、クレータータイプがあります。
それ以外にも、紫のニキビ跡に悩んでいる人が大勢いるのはご存知ですか?
紫のニキビ跡とは、赤みのニキビ跡を放置しておく事により、色が沈着してシミのようになってしまうニキビ跡です。
このタイプのニキビ跡が残ると消えにくく、早急に対処しないと治療が困難になってしまい、メイクをしても隠し切れなくなってしまいます。
今回は、紫になったニキビ跡とは一体どんな状態で原因は何なのか、どのような予防法・治療法が効果的なのか詳しく見ていきましょう!


紫のニキビ跡はヘモグロビンの色素沈着

見た目に汚くなってしまう紫のニキビ跡ですが、原因は何なのでしょうか?
紫のニキビ跡は、色素沈着タイプのニキビ跡に分類されます。
ニキビの炎症(赤み)が悪化して毛細血管が破壊され、内出血して皮膚組織に染み込んで、血液中のヘモグロビンの色が残ることが原因なのです。
これが表皮部分のみで起こるのなら、新陳代謝により皮膚が新しく入れ替わりますが、紫のニキビ跡は真皮まで傷が付いている状態であり、かなりのダメージを肌に受けているので、治療に時間がかかってしまいます。
しかもこれを放置していると黒く変色してしまい、ますます跡が消えにくくなってしまうのです。


紫でしこりがある状態も同じなの?

肌が紫でしこりのある状態になっているケースがありますが、これはニキビ跡というより、紫ニキビの可能性が高いでしょう。
紫ニキビとは、毛穴に血や膿が溜まってしこりになった状態で、症状が悪化するとニキビ跡として肌に残っていしまいます。
ニキビは白ニキビ→赤ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ(炎症)→黄ニキビ(膿がある)→紫ニキビの順に進行するので、膿を持った黄ニキビになると炎症とダメージが真皮層まで及んでいる可能性があり、進行すると紫ニキビになります。
特に鼻やその周辺は皮脂の分泌が多くニキビが出来やすいので、症状の悪化で紫ニキビが出来たなんてことも多いようです。
また、思春期ニキビができる中学生や高校生、スキンケア知識のない男性は、紫ニキビまで悪化するケースが多いのです。


茶色に色素沈着したニキビ跡とは何が違う?

紫のニキビ跡の他に、茶色く色素沈着したニキビ跡ができるケースがあります。
紫色と茶色では何が違うのかというと、紫や黒は血液中のヘモグロビンが原因で、茶色はメラニンが原因であるニキビ跡なのです。
メラニンとは、肌が刺激を受けると皮膚を守ろうとして生成される物質です。
ニキビの炎症が悪化すると、ケラチノサイト(未完成な細胞)がメラノサイト(表皮の下にあるメラニンを生成する細胞)に働きかけ、チロシナーゼ(メラニンを生成する酵素)の働きが活性化してメラニンが生成されます。
メラニンは、通常であれば肌のターンオーバーにより表皮から排出されますが、ニキビができている時はターンオーバーが乱れていることが多いです。
ターンオーバーが乱れていると、表皮からメラニンが排出されずに残っていしまいシミになるのです。

茶色くなったニキビ跡の原因やケア方法については、こちらのページで詳しく解説しています。
気になる方はチェックしてみましょう。



紫のニキビ跡を消す方法

美肌成分と言えばコレ!「ビタミンC」

皮膚の深いところで残っていしまう紫のニキビ跡、これを消すにはどうしたらよいのでしょうか?
まず、肌に色素が定着しないように紫外線対策をとることが重要で、日焼け止めを塗ったり、外出の際には帽子をかぶるなど、肌を紫外線に当てないようにしましょう。
紫外線対策をとった上で、むやみに触らないこと、優しくスキンケアをして肌に負担をかけないこと、食事や生活習慣を改善することも重要です。
ニキビ跡の症状を悪化させないように注意をしていれば、少しずつ肌がキレイになっていくことでしょう。
紫のニキビ跡は、内出血やアザに近い状態なので、時間がかかりますが自然に消えます。
茶色に色素沈着したニキビ跡の治し方(ターンオーバーを改善してメラニン色素を排出させる)とは異なるので注意してください。
また、新しいニキビを増やさないことも重要です。
こちらのページでニキビ予防に適切なスキンケア方法や化粧水などをご紹介してますので、是非ご覧ください。


皮膚科で治療を受けた方がいい?

紫のニキビ跡の治療する場合、皮膚科の受診は効果的です。
短期間で治したい場合は、病院で薬を処方してくれるので利用するとよいでしょう。
市販では買えない、「ベピオゲル」や「エピデュオゲル」などのニキビ治療薬を処方してくれます。
これらは、紫ニキビ跡やケロイド状のニキビ跡に悩んでいる人に効果的な薬です。
(皮膚科で処方される薬の詳細についてはこちらへ)
また、病院によっては、漢方薬を利用して内側から体質改善するという治療を行っている所もあります。
ただし、皮膚科のピーリングやレーザー治療は紫のニキビ跡には不向き(肌のターンオーバーを促す治療なので)なので覚えておきましょう。


ディフェリンゲルやハイドロキノンは有効?

ニキビ治療でよく用いられる薬剤にディフェリンゲルがあります。
また、シミを消すために使用される薬剤としてハイドロキノンはよく知られています。
これらの薬剤は、紫のニキビ跡治療に有効なのでしょうか?
結論から言うと、両方とも紫のニキビ跡治療には適していません。
その理由は、ディフェリンゲルは炎症が起こる前の初期ニキビに有効な薬なので、紫ニキビ跡に効果が期待できないからです。
また、ハイドロキノンは古い角質をはがして肌(表皮)を再生させる薬なので、茶色の色素沈着やシミを消す方法としては有効です。
しかし、先に説明したように紫のニキビ跡は内出血に近い状態なので、表皮を再生させても消えません。
また、非常に効果が強いので、誤った使い方をすると肌トラブルを引き起こす可能性があります。


ケシミンやオロナインのような市販薬は有効?

紫のニキビ跡ケアに有効な市販薬はあるのでしょうか?
色素沈着を消すケシミンやニキビ予防に有効なオロナインを使うと、紫ニキビ跡が改善できそうな気がしませんか?
しかし、ケシミンもオロナインも効果は期待できないでしょう。
ケシミンは抗炎症作用を持つ薬剤で、シミ消しには有効です。
ただ、紫のニキビ跡は真皮層にヘモグロビンの色素が沈着している状態なので、茶色いシミのようには消えません。
オロナインも殺菌効果があるのでニキビ予防には有効ですが、ニキビ跡の治療には適していません。


紫のニキビ跡をメイクで隠す方法について

治すのに時間のかかる紫のニキビ跡ですが、どうしても肌に跡があると気になって仕方がないものです。
そんな時は、メイクで色素沈着を隠してしまうのもありでしょう。
ニキビがひどい時は、肌に何かを付けるのも怖くなってしまいますが、現在はニキビ跡をケアできる美容成分が配合された化粧品が多数存在しています。
具体的には、肌に負担がかからないミネラルファンデや、ニキビ跡もしっかり消しても肌が重くならないコンシーラーなどが販売されています。
上手く利用すると、ニキビ跡が隠せるほかにもスキンケアにもなって、きれいな肌を手に入れることができるのです。
ニキビ跡をケアするための化粧品の使い方、メイクでニキビ跡を隠す方法を詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。



経験者が語る!紫ニキビ跡の治し方

日頃の地道なスキンケアが重要です

ニキビやニキビ跡どちらにも言えることですが、すぐには効果が現れないということです。
私の紫のニキビ跡は広範囲に残っていたので、治すと決めた日には、化粧品を全てニキビ跡専用に変えてじっくり取り組んできました。
ニキビ跡専用といっても、魔法の薬ではありません。
効果が現れないからといって途中でやめてしまうと、一生治ることはありませんよ。
化粧品だけでなく、肌に触れるものを自然素材にしたり、洗顔方法も正しく身に付け、紫外線対策もしっかりしました。
日頃からスキンケアを地道に続けることが、ニキビ跡を治すには重要なことなのです。

年齢:30代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★


焦りは禁物!ニキビを増やさないことを考えましょう

ニキビ跡ケアとなると、ニキビ跡だけに集中しがちですが、跡が残る原因はニキビなので、とにかくニキビを増やさないことに注意してケアしました。
化粧品などもそうですが、食べ物を見直して身体の中からきれいにするように、フルーツや野菜を多く摂るように心がけました。
また、睡眠時間を長く取って疲れを残さないようにしただけで、だいぶんニキビが減っていきました。
プラス、サプリメントなども利用して生活の質を上げていきました。
規則正しい生活を3ヶ月以上は続けないと効果が出ないので、途中で嫌になってしまうかもしれませんが、焦らないことが大切だと思います。

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★


ピーリングはおすすめできません

ニキビとニキビ跡が気になってピーリングをしてみましたが、紫ニキビ跡にはピーリングはおすすめできません。
ただでさえ、肌の状態が悪いのに、ピーリングをしたらもっと悪化してしまったからです。
皮膚が赤くなって、ひりひりするし、乾燥がひどくなってしまいました。
新しいニキビも増えてしまいました。
また、ピーリングって肌の表面を剥がすので、肌の奥にあるニキビ跡には効果がないんですよね。
勉強不足のまま、ピーリングをしてしまうと肌が荒れてしまうので、自分のニキビ跡はどの種類かを調べてから治療したほうがいいと思います。

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング