ニキビ跡 パック

*

ニキビ跡は市販のパックで改善することができるの?

ニキビ跡 パック

ニキビ跡で悩んでいる人は多いです。
その理由は、肌に赤みとして残ったり、凸凹が見た目に美しくないからです。
では、治す方法がないのかと言えばそうでもなく、市販の洗顔料やパックなどで改善できることがあります。
肌状態を改善できるパックによって、ニキビ跡をどんどん消していけることがあるのです。
肌細胞の修復などができるタイプのパックであれば、肌の状態を整えられます。
そうした市販のパックがいくつかありますから、試してみるとよいでしょう。


パックの成分によっては効果あり!

美容パックにはそれぞれ効果があります。
基本的には肌トラブルによいわけですが、その中にはニキビ跡によいものがあります。
例えばビタミンCなどが含まれていたり、皮膚の回復を促すものであったりしますと、それは肌のターンオーバーをより強く行わせるようになります。
要するに肌の生まれ変わりを促してくれるわけです。
美白効果などの美容液やパックなどに関しては、こうした効果が期待できることが多くあります。
パックに肌のターンオーバーを促進するような効果がある場合、結果としてニキビ跡が改善できることがあるのです。
そこを意識して、ケア化粧品、パックを購入するとよいでしょう。


ニキビ跡専用のパックってある?

実のところ、ニキビ跡改善専用のパックというのは今のところはありません。
今後は出てくる可能性があるのですが、どうしても今は「美容パックの効果に付随する形でニキビ跡が改善できる」という程度です。
それでも何もないよりは遥かにマシであるといえます。
効果アリと明言していない場合でも、配合成分が肌のターンオーバーに良いとわかることがあります。
そうしたパックがおすすめできます。
シミや皺を取る系のパックには、そうした傾向があります。
パックを選ぶ時は、配合成分から判断するとよいでしょう。


保湿しすぎは逆効果!

保湿が肌の保護にとても良いのは確かなのですが、やりすぎは逆効果です。
あまりにも保湿をすると逆に肌が乾燥する原因となってしまうので、ターンオーバーが乱れてしまうからです。
ですから、保湿は適度にやることです。
ちなみに保湿系に特化したパックには、ニキビ改善の効果が期待できないことが多いです。
もちろん、その商品によって違うことは確かですが、保湿という部分に特化しているとターンオーバーには特にアプローチしていないことが多いのです。
選ぶときにはその点を踏まえて、利用するパックを探しましょう。



自分でできる!ニキビ跡ケアにおすすめのパック方法


殺菌力・保湿力の高いはちみつパック

はちみつパックは簡単に自分で作れます。
蜂蜜には殺菌作用、抗菌作用、豊富なビタミンCが含まれています。
もちろん、保湿力もありますから、これによって肌の赤みをとることができる場合があります。
赤みとは、要するに炎症から起きているわけですから、抗炎症作用を持つはちみつは非常に有効です。
ビタミンCも肌に良いことはいうまでもないでしょう。
はちみつパックのやり方は実に簡単で、蜂蜜を薄く肌に塗ります。
基本はこれだけです。
或いは薄い無地のパックに薄めた蜂蜜を浸して、それを使用するだけです。
そして、3分から10分程度で洗い流すだけです。
これだけではちみつパックとして試せるのです。


有効成分が豊富なユースキンパック

ユースキンとはあかぎれ、しもやけ、ひびわれに効果があるとされている保湿クリームです。
「保湿系のものはターンオーバーにはそこまでアプローチしていない」と前述しましたが、このパックは例外です。
ユースキンにはビタミンEなどが含まれているので、ターンオーバーに良いのです。
但し、そのままつけるのではなく、ユースキンAを使います。
いくつか種類があるのですがユースキンAを使うのです。
一日一回、ニキビ周り、或いは顔の全体に薄く塗ります。
この状態を10分程度維持します。
その後、洗顔をするだけです。
これだけでユースキンパックになるのです。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング