ニキビ 生理

*

生理前にニキビができやすいメカニズム

ニキビ跡 漢方

ニキビができやすい部位として、生え際、Tゾーン、鼻、頬、フェイスライン、口まわり、背中、おしり、胸元、頭皮などが挙げられます。
生理前になると、こういった部位にニキビが良くできる女性も多いのではないでしょうか?
生理前にニキビができる原因は、女性ホルモンです。
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)があり、分泌量が周期的に変わります。
生理前にホルモンの分泌に変化起こり、バランスが崩れると、ニキビができやすくなるのです。
排卵後にはプロゲステロンの分泌量が急激に増加し、その状態は生理前まで続きます。
プロゲステロンは、皮脂の分泌量を増やしてしまうホルモンです。
プロゲステロンが増えることでと毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため、生理前にはニキビができやすくなってしまうのです。


ニキビができる原因となるホルモンを解説

生理前にニキビができる原因となるホルモンが、プロゲステロンです。
このホルモンは卵巣から作られ、受精卵の着床を助ける働きがあります。
妊娠を助けるホルモンとも言われ、子宮内の環境を整えるためには必要なホルモンです。
(プロゲステロンの分泌が悪いと、黄体機能不全になり不妊になってしまうこともあります。)
また、基礎体温を上昇させる作用もあり、子宮内膜などの血流量を上昇させることで、子宮内の環境を整えたり、必要な栄養を届けやすくします。
女性にとっては重要なホルモンなのですが、過剰に分泌されると精神的に不安定になったり、肌荒れや便秘などを引き起こすといった困った作用もあります。



生理が原因のニキビはどうやって治すの?

ニキビ周りのメイクを控える

ニキビができると、メイクで隠そうとしていませんか?
特に、目立つ部位にニキビができてしまうと、どうしても隠したくなるものです。
しかし、メイクは肌に負担をかけてしまいます。
ニキビを隠そうとすれば、メイクが厚塗りになって肌に過度な負担をかけることになり、ニキビの悪化やニキビを増やす原因となってしまいます。
化粧品の中には、肌荒れを悪化させる成分が含まれていることもあるため、注意が必要です。
ニキビができてしまうと恥ずかしさを感じるかもしれませんが、できるだけニキビ周りのメイクは控えるようにしましょう。


スキンケアで肌を保湿する!

生理前は、プロゲステロンの作用から皮脂の分泌量が増えてしまいます。
そのため、この時期は油分が少ないコスメを使うことをおすすめします。
また、皮脂を洗い流すために、何度も洗顔してはいけません。
過剰な洗顔は、肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、逆に皮脂の分泌量が増えてしまうこともあります。
皮脂の分泌量が増えても、洗顔は1日に2回程度にし、その後の保湿をしっかりとするようにしましょう。
皮脂の分泌量が多い生理前でも、保湿を忘れると肌サイクルが乱れる原因になってしまいます。
洗顔後は、肌に必要な皮脂を失うと同時に、乾燥しやすい状態です。
しっかりと保湿をすることで、肌をニキビができにい状態にすることができます。



生理前にできるニキビは予防できる?方法は?

生理前のニキビは、できてしまってからのケアを考えるよりも予防をすることがポイントと言えます。
生理前にできるニキビは予防がしやすいのが特徴で、その理由は生理に一定の周期があるからです。
周期がわかっているので、ニキビができる前にしっかりと予防をしておくことで、ニキビに悩まされない生活を送ることができます。
予防をしたからといって、絶対にニキビができないというわけではありませんが、ニキビができにくい状態にすることは可能です。
生理前にニキビができやすい人は、生理2週間程度前から予防することをおすすめします。
3つの予防方法を紹介しますので確認してしっかりとニキビを予防しましょう。


ニキビ予防その1:良質な睡眠をとろう

睡眠不足は、お肌に悪いことは誰でも知っている常識の一つですよね。
生理前のニキビ予防にも、良質な睡眠は欠かせません。
できれば、1日7時間以上の睡眠時間は確保しましょう。
また、寝るタイミングも重要です。
効果的な睡眠の時間帯は、「肌のゴールデンタイム」と言われる22時~2時です。
この時間帯は成長ホルモンの分泌が多く、肌の修復には欠かせない時間帯です。
また、寝具を清潔に保つことも忘れてはいけません。
特に枕は顔の皮膚が触れる部分でもあり、枕が汚れていてはいくら良質の睡眠をとっても、ニキビができやすくなってしまいます。


ニキビ予防その2:栄養バランスのとれた食事を摂ろう

生理前のニキビ予防や対策には、栄養バランスのとれた食事も欠かせません。
生理前の時期に積極的に摂取しておきたい食品が、野菜やイソフラボンです。
野菜には、ビタミンAやビタミンCなど、肌を正常な状態に保つために必要な栄養素がたくさん含まれています。
また、豆乳や豆腐、納豆などの大豆食品にはイソフラボンが含まれます。
イソフラボンには、エストロゲンとよく似た働きがあるため、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
一方で注意が必要な食品が、動物性の油やスナック菓子、チョコレートなどです。
生理前は、プロゲステロンの働きによって皮脂の分泌量が増える時期です。
ただでさえ皮脂の分泌量が多いのに、油分の多い食事をしていたのでは、さらに皮脂分泌量を増やし、毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。
生理前の食生活に気を付けることが、ニキビ予防になります。


ニキビ予防その3:体を温めよう

生理前は、プロゲステロンの働きによって血流が悪くなると言われています。
血流が悪くなれば、肌のターンオーバーも乱れやすく、ニキビができやすい状態になってしまいます。
そのため、予防として、生理前は体を温めることを心掛けましょう。
例えば、毎日シャワーだけで済ませている人なら、湯船につかると良いかもしれません。
30分以上の半身浴をすることで、体の芯まで温まることができますし、発汗作用もあるので老廃物の排出効果も期待できます。
また、ショウガなどの体を温める食材を、食事に取り入れるのも効果的です。
ショウガの入ったスープや野菜炒め、お茶などが良いでしょう。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング