色素沈着ニキビ跡対策ノート

*

色素沈着ニキビ跡対策ノート

スキンケア
ニキビ跡の種類の一つに「色素沈着タイプ」があります。
ニキビ跡のケア方法は種類ごとに異なるので、正しくケアするためにはそれぞれの原因・対策方法を知るようにしましょう。
ここでは、色素沈着ニキビ跡の原因、ケアに役立つ知識をご紹介します。

1. 色素沈着したニキビ跡を消す方法はある?

ニキビが出来てしまい、赤みを帯びてくると痛みも伴いますし、何より人に見られるのが恥ずかしいという人も多いのではないでしょうか。
ニキビの初期症状で治すことが出来れば、ニキビ跡などもなく綺麗な肌に自然と戻るのですが、赤ニキビまで進行してしまうと、跡だけでなく色素沈着を起こすことがあります。
この色素沈着が厄介で、気になる人は毎日の化粧でこのシミやあざのような色素沈着を隠しているという人も多くいます。
この色素沈着をしたニキビ跡は、初期症状なら正しいスキンケアによって自分でも治すことは可能です。
ここでは、自分でケアするための方法を紹介したいと思います。

1-1. 色素が沈着したニキビ跡は炎症性色素沈着によるもの

ニキビ跡が出来ると、その場所に色素が沈着してしまい、肌が変色してしまって目立つことがあります。
この症状を炎症性色素沈着と呼ばれています。
この炎症性色素沈着は、ニキビだけでなくほかのことでも起こることがあります。
例えば、やけどなどをすると一時的に他の部分よりも、皮膚の色が濃くなるといった症状が現れます。
これも炎症性色素沈着なのですが、このやけどによる色素沈着は自然に治ります。
このやけどのように一時的の場合には自然と治るのですが、ニキビのような慢性化して現れる症状が原因で起こる場合には、そのまま放置していてもなかなか消えません。

1-2. 正しいスキンケアをすることで自分でも治すことができる!

ニキビの症状が治まっても、ニキビ跡が出来てしまうと憂鬱になってしまいます。
しかし、この初期段階で正しいスキンケアをすることにより、自分で治すことは出来ます。
正しいスキンケアといっても何をすればいいのかと思う人も多いでしょうが、この正しいスキンケアでまず大切なのが自分の症状をよく理解するということです。
ニキビ跡なら、誰でも同じ症状と思う人もいるかもしれませんが、ニキビ跡にも特徴があったり種類もあります。
この違いをしっかりと理解して、自分の症状に合ったケアをすることが正しいスキンケアです。
まずは自分の症状がどのようなタイプなのかをチェックしましょう。

2. まずは自分の症状を認識すること

ニキビ跡を綺麗に治すためには、自分の症状を認識することが重要になってきます。
認識といわれても何を?と思う人もいるかもしれませんが、ニキビ跡といっても、色が濃いものもあれば、薄いものもあります。
色も違いますし、肌の奥までダメージを受けている状態のものもあります。
このように、まず今の自分のニキビ跡の状態をしっかりと認識することが、正しいケアにつながります。
症状によって肌が受けているダメージも違い、そのケア方法も違ってきます。
この認識を誤ることにより、時間が経過しても治らないニキビ跡になってしまうこともあります。

2-1. 色素が沈着したニキビ跡の特徴

ニキビ跡は簡単に消える症状ではありません。
この色素が沈着した症状にはいろいろ特徴があります。
アザのように見えるニキビ跡もあれば、赤みのあるニキビ跡よりも目立ってしまうような症状もあります。
この自分のニキビ跡を認識する上で重要になるのが、沈着した色です。
この色によって、このニキビ跡の重症度を確認することが出来ます。
自分のニキビ跡を確認する時には、その色をしっかりと見極めることが大切になります。
ニキビ跡の重症度によって、比較的早く治るのか、根気よく治療をしていく必要があるのかを知ることが出来ます。

3. 色素が沈着したニキビ跡の種類は2つ

自分の症状を見極めるといっても、素人の自分には見分けがつかないかもしれないと思う人もいるかもしれませんが、この色の違いは2種類ということもあり、誰でも見極めることが出来ます。
色素沈着したニキビ跡には、紫色と茶色の2種類のニキビ跡があります。
この色の違いによって、そのニキビ跡の重症度を知ることが出来ます。
もし、自分の症状が軽度の状態なら、しっかりとケアしていくことで、そのケアの効果を短期間で実感することが出来ます。
重度の症状でも、適切な治療によって改善させることも可能です。
まずは、自分の状態をチェックしてみましょう。

3-1. 「紫色のニキビ跡」と「茶色のニキビ跡」

ニキビ跡でも、紫色のニキビ跡は初期段階でもあり、この状態は軽度な状態とも言えます。
この状態なら、自分でのスキンケアによって改善が期待できる症状です。
この紫色のニキビ跡は、赤みのあるニキビと同じような状態で、ニキビの症状が治まってから時間があまり経過していないニキビ跡のことです。
茶色のニキビ跡は、一見紫色よりも薄く、目立たないことから軽度の状態と思いがちですが、紫色の状態よりも重度と考えることができ、この状態になると治療には時間がかかります。
この状態は、紫色のニキビ跡を放置していたり、紫外線などの刺激によって真皮層に色素が定着してしまっている状態です。

4. 色素が沈着しているニキビ跡の原因を知る!

同じニキビ跡なのに、色に違いがあるのはどうしてと思う人もいるのではないでしょうか。
この色の違いは、原因となっているものが違います。
紫色の原因となっているのはヘモグロビン、茶色の原因がメラニンと、この原因となっているものの色によって症状も違ってくることになります。
赤ニキビまで発展すると肌の奥までダメージを受けて内出血をします。
この血の中に含まれるヘモグロビンの色が色素沈着をしてしまうことにより紫色になります。
そして、メラニンは日焼けなどをすると肌が茶色になるのと同じメカニズムで、紫色のニキビの状態で紫外線を浴びることにより、その部分にメラニンの色素が定着してしまっている状態です。

5. 色素沈着しているニキビ跡の治し方で重要なのは、紫外線対策をすること!

茶色のニキビ跡になると治療までには時間がかかります。
そのため、この茶色のニキビ跡にならないようにすることが、色素沈着をしているニキビ跡ケアでは重要です。
茶色のニキビ跡を作る原因に紫外線がありました。
紫色のニキビ跡に紫外線を浴びることにより、治りにくい茶色のニキビ跡になってしまうということです。
そのため、ニキビの症状が治まったからといって安心をしてはいけません。
ニキビの症状が治まり、紫色のニキビ跡が出来た場合には、しっかりと紫外線対策をすることが重要です。
このケアをすることが、色素沈着したニキビ跡を治すコツとなります。

5-1. ビタミンC誘導体の化粧水を使うことが効果的

肌にはビタミンCが有効であることは、すでにご存じの人も多いのではないでしょうか。
ビタミンCには、美白効果もありますし、肌のターンオーバーを促進する効果もあります。
ニキビ跡は肌が大きなダメージを受けた傷跡とも言えます。
この傷跡を綺麗に治すためには肌のターンオーバーを促進させることが重要になります。
しかし、ビタミンCは酸化しやすく、そのまま肌に塗ったとしても効果を得ることが出来ません。
このビタミンCを肌に塗っても効果が得られるようにしたのがビタミンC誘導体です。
化粧品を選ぶ時には、まずこのビタミンC誘導体が配合されているかをチェックしましょう。

5-2. 美白作用のある化粧水や美容液を使う

色素沈着したニキビ跡を治療するためには、美白効果のある化粧水や美容液を選ぶことが有効な方法といえます。
美白効果というのは、メラニンを抑制したり、出来てしまったメラニンを解消するといった効果があるということで、色素沈着したニキビ跡には有効です。
メラニンの生成を防ぐ成分としては、ビタミンC誘導体のほかにアルブチンやエラグ酸、ルシノールヤハイドロキノンなどがあり、すでに出来てしまったメラニンを解消するには、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、リノール酸SやエナジーシグナルAMPが有効とされています。
これらの成分が配合されているかをしっかりとチェックして、化粧水や美容液を選びましょう。

5-3. 正常なターンオーバーの促進

色素沈着に有効な成分を化粧水や美容液で得ることも重要なのですが、正常な肌のターンオーバーには生活習慣やスキンケアが重要です。
どんなにいい成分を配合されている化粧水や美容液を使っても、食生活が乱れていたり、睡眠がしっかりととれていないのであれば、効果も半減してしまいます。
また、スキンケアも重要です。
お風呂上りや洗顔などをした後に、そのまま何もしなければ、肌の水分がなくなってしまい肌が乾燥しやすくなります。
お風呂上りや洗顔後は、すぐに保湿成分のある化粧水や美容液を使うことが必要です。
色素沈着に有効な成分だけでなく保湿成分もしっかりと配合された化粧品を選び、お風呂上りや洗顔後にはすぐに使うことが有効なスキンケアとなります。

5-4. 専用クリニックでの治療

生活習慣の改善や毎日のスキンケアは、色素沈着をしたニキビ跡には有効なケア方法です。
特に、紫色のニキビ跡なら紫外線対策をしっかりとして、有効な化粧品でのケア、生活習慣の改善によって徐々に改善していきます。
しかし、茶色のニキビ跡となると、これらのケアをしっかりしたとしても改善させるためには長い時間が必要となります。
短期間で何とかケアしたいという人には、専門クリニックで治療するという方法もあります。
レーザー治療などはとても効果的なのですが、ダウンタイムも長いというデメリットもありましたが、最近では光治療でも有効な方法もあり、タウンタイムもほとんどなく改善させることが可能です。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング