ニキビ跡 しこり

*

しこりニキビ跡の特徴

ニキビ跡 しこり

しこりニキビ跡の特徴は、肌の盛り上がりや膨らみです。
また、ひどい場合にはケロイドになってしまうこともあります。
では、なぜニキビ跡にしこりが残ってしまうのでしょうか?
その理由は、真皮や皮下組織にダメージを受けた肌が、過剰に細胞を生成するからです。
肌が本来持つ再生機能のバランスが崩れると、過剰に生成された細胞が表皮の盛り上がりや膨らみとして残ってしまいます。
なお、しこりが残りやすい部位は、頬や下顎など顔が中心ですが、背中やその他の部位にも残るケースがあるようです。
このページでは、しこりニキビ跡の特徴や治療法、予防法について解説していきます。
「今しこりが残っている」という方、「しこりは無いけどニキビ跡で悩んでいる」という方は、是非参考にしてください。


ケロイドってどんな状態?

ケロイドとは、傷や火傷が治っていく過程においてアレルギー反応が起こり、皮膚が赤く盛り上がった状態のことを言います。
ケロイドには2種類の症状があり、真性ケロイド肥厚性瘢痕に分類されます。
このうち、真性ケロイドは傷跡から徐々に進行し、もともとあった傷の範囲を超えて大きくなっていく点が特徴です。
押さえても痛みはありませんが、横からつまんだ場合は痛みを感じます。
次に、肥厚性瘢痕は傷の範囲を超えて大きくなることはありませんが、痒みが生じます。
また、真性ケロイドと比較すると赤みが薄く、隆起も少ない点が特徴です。


しこりニキビ跡は自宅ケアで治せる?

しこりニキビ跡でお悩みの方は、「できればお金をかけず自宅でケアしたい」とお考えではありませんか?
しかし、上でも説明した通り、しこりが残るそもそもの原因は、皮下組織の深刻なダメージです。
そのため、自宅で出来る簡単なニキビ跡ケアでは効果が現れにくく、改善は難しいと言わざるを得ません。
しこりニキビ跡を治療するのであれば、皮膚科の受診をおすすめします。



皮膚科でのしこりニキビ跡の治療方法

レーザー照射による治療

皮下組織にダメージを与え、再生を促すことで新たな皮膚を生成する方法で、現在皮膚科で行われている治療法の主流です。
レーザー治療には、皮膚の表面を焼くタイプ皮膚の真皮にダメージを与えるタイプの2種類がありますが、いずれも月1回程度のペースで繰り返します。
このうち、皮膚の表面を焼くタイプは、炭酸ガスやエルビウムレーザーが使用され、「硬直した皮膚組織を取り除く」という点で高い効果を発揮します。
しかし、治療後に赤みや色素沈着が起こるケースが多く、重症例でしか行われません。
次に、皮膚の真皮にダメージを与えるタイプのレーザーは、効果が高い反面、赤みなどの副作用が低減されているため、幅広い症例で行われています。
また、副作用が少ないため、ダウンタイム(治療後、通常通りの生活に戻ることができるまでの時間)が短い点も特徴と言えるでしょう。
なお、レーザー照射は保険適応外となるため、自費診療となります。


ケミカルピーリングによる治療

ケミカルピーリングとは、表皮に酸性の薬剤を塗布し、古い角質を剥がして新しい皮膚組織を再生させる治療法です。
しこりニキビ跡だけでなく、クレーター状のニキビ跡治療にも有効ですが、表皮だけでなく真皮層までダメージを与えるため、かさぶたができたり、赤みが出ることがあります。
皮膚科では月1回のケミカルピーリングを繰り返し、効果を確認しながら治療を進めて行きます。
ただし、レーザー照射と同様に保険が適用されないため、自費診療となる点に注意が必要です。


ステロイド剤による治療

ステロイドによる治療は、できて間もない、赤く盛り上がったしこりに効果的です。
具体的な治療方法としては、「ケナコルト」というステロイド剤の注射、「リザベン」という内服薬の服用があります。
このうち、ケナコルトは長時間作用するタイプのステロイド剤で、肌の過剰な細胞生成を抑えます。
一方のリザベンは炎症を抑え、皮下組織を正常な状態へと戻す働きがあるため、しこりニキビ跡の治療に有効です。



しこりニキビ跡を繰り返さない方法

しこりニキビ跡を繰り返さないためには、肌のターンオーバー促進が重要です。
肌は、約40日の周期で生まれ変わっており、正常にターンオーバーが行われている時はニキビができにくい状態をキープできます。
しかし、ストレスや偏った食事が原因となって肌のターンオーバーが乱れることもありますから、生活習慣に気を配ることは重要です。
具体的には、趣味などでストレスを発散すること、十分な睡眠時間を確保すること、バランスの取れた食事をすることが必要と言えます。
「仕事が忙しくて食事に気を使えない」という方は、サプリメントでビタミンなどの栄養素を摂取することを検討してみましょう。
もしもニキビができてしまった時は、刺激を与えないことが重要です。
ニキビを触ったり潰したりすると、炎症が起きてしまい、しこりが残る可能性があります。
適切なスキンケアを行い、刺激を与えずに治療することを心がけてください。

*
ニキビ対策ケアコスメ人気ランキング
  • ビーグレン

    ビーグレン

    独自の技術で有効成分を肌の奥に浸透させるニキビ跡ケア専用セット

  • リプロスキン

    リプロスキン

    ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水

  • ジッテプラス

    ジッテプラス

    モデルも多数愛用中の無添加ニキビ跡ケアジェル

  • アクレケア

    アクレケア

    ニキビ跡のくぼみを自宅でケア!新感覚のデコボコ肌用美容液

  • Nov

    Nov

    敏感肌のニキビ跡対策ならコレ!肌に優しいニキビケアコスメ

全てのランキング